スーパーで買える格安梅干から1つ1つ個包装された高級梅干、塩だけ漬けた昔ながらの梅干し、鰹節や紫蘇でつけた風味豊かな梅干、ハチミツで漬けたフルーティな梅干など、多種多様な梅干しがあります。 おかわりJAPANでもいろんな梅干しを紹介してきました。

味は別にして一番記憶に残っている梅干しは「キムチ梅干」かな。w

 

本日は"梅干"です。 どんな梅干しかという〜紫蘇と食塩のみで漬けた本格派梅干し。
梅干と聞いて連想される地域はやはり和歌山県でしょうか、南高梅。あとは神奈川県小田原や大分県も。小梅なら長野県も有名ですね。今回の梅干しはそれらの地域の梅干しではありません。

お米生産量日本一を誇るお米県"新潟県"の梅干し。 さらにさらにお米の博士号とも言える五つ星お米マスター白井さんのおすすめの梅干し。  これは絶対にご飯が進むであろう梅干しです。

 

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第786h号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【白めしが欲しくなる】JAにいがた南蒲の「田上町産 天日干し 梅ぼし」です。
梅干し-1

天日干しした昔ながらの手作り 白いごはんが欲しくなる梅干
やわらかい果肉の越の梅を天日干しした、すっぱくてしょっぱい懐かしい味の梅干。合成の添加物などは一切使用せず、1つずつ丁寧に美味しく手作りいました。

梅干し-2

原材料は…梅、しそ、食塩。

 

梅干し-3

着色料で色付けしたかのような食欲をそそる色だが、これは自然な色。 機械作業は一切なくすべて手作業だそうです。職人技ですね。
使用している梅は"越の梅"という田上町の小高い丘で栽培されている品種。 特徴としては種が小さい分実が肉厚で、皮がやわらかく、加工に向いている品種だそうです。

梅干し-5

それでは本日は…【お米マスター推薦】JAにいがた南蒲の「田上町産 天日干し 梅ぼし」をご飯にのせて…いただきます♪

 

梅干し-5

 

製造者 JAにいがた南蒲農業協同組合 田上町農産物加工センター
購入場所 白井米店
金額/内容量 540円(税込)/200g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 心底白ご飯が欲しくなります。 味の表現が難しい、、、常套句になってしまいますが昔ながらのしょっぱい梅干。 精製塩ではなく赤穂の塩が使われてるので塩辛さもカドがとれてまろやかさがある。

粒の大きさも大きすぎず小さすぎ食べやすいサイズ。 私はお弁当のお供に重宝しております。

 

そして、なんといってもこの安さ!! いい梅干しはそれなりのいい値段しますが、これだけの量でこの味、540円はお値打ちです。

 

▼今回紹介した JAにいがた南蒲の「田上町産 天日干し 梅ぼし」のお取り寄せはこちら↓↓↓

家業のお米屋を継ぐ前は食品会社に勤めていたお米マスターの白井さん。その経験からお米そのものだけでなく、ご飯のお供や調味料など”食"全般の幅広い知識をお持ちになられる白井さん。
お取り寄せするならぜひお米もご一緒に。(500円の梅干しだけお取り寄せは送料がもったいないでしょ。)
「2017年イチオシの新米は?」「この梅干に合うお米は?」「粒の大きいお米が好きなんだけど。」などお米に対する要望や質問があればきっと答えてくれるはずです。はずです、、、、、。(笑)
それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪
スポンサーリンク




おすすめの記事