「最近、おかわりしてる?」

どうも~おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。 もちろん、私は毎日おかわりしていますよ!

日本を代表するご飯のお供「ごはんですよ」。

食べるラー油の1大ブームを巻きおこした「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。

いろんな料理に使えると評判の「きざみしょうが」など、

日本人の"おかわり"を支えている大正義メーカー「桃屋」。

本日はそんな桃屋の「味付け搾菜」をご紹介。 今さらですが。

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第919号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【大正義】桃屋の「味付け搾菜」 です。

桃屋の搾菜-1

榨菜本来の製法(風干し、10数種の香辛料を使用した約1年にわたる甕詰め)を堅持した「四川榨菜」をそのままごはんのおかずや前菜として、又は料理の素材としても手軽にお使いいただけるように、ごま油と醤油などで味付を致しました。
榨菜の原料は、大芥菜(ターチェツァイ)というからし菜の一種のコブの部分・青菜頭(チンツァイトウ)です。
この青菜頭を風干しして独特の食感や旨みを引き出し、塩漬けにして乳酸発酵をさせます。次に、漢方薬にも使われている10数種の香辛料にまぶし、甕に隙間無くギュウギュウに詰め込んで約1年間発酵熟成させます。
「榨菜」の名前の由来は、この甕詰めの工程から端を発しています。

桃屋の搾菜-原材料
原材料は…搾菜、しょうゆ(小麦を含む)、ごま油、砂糖、酵母エキス、玉ねぎ粉末、調味料(アミノ酸等)、酸味料です。

桃屋の搾菜-2

 

桃屋の搾菜-4人

輸入者 株式会社桃屋
購入場所 近所のスーパー
金額/内容量 300円くらいでした/100g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント いい塩梅の搾菜。ちゃんとコリコリ食感あり、ごま油のコクもくどくなく食べやすい。

幅広い世代に好まれる安定の味。 小さいお子供から酒のみのお父さんまでみんな大好きでしょう、この味は。

搾菜の単体の味にちょっと飽きたら、同じく桃屋の食べるラー油(商品名:辛そうで辛くない少し辛いラー油)をちょっとかけて食べると美味しいですね。 なによりも食感! 搾菜のコリコリに食べるラー油のサクサク食感! お試しあれ!!

▼今回紹介した桃屋の味付け搾菜のお取り寄せはこちら↓↓

そうそう~最近桃屋の商品を使ったアレンジレシピをアップしております。
ほら、瓶詰めのご飯のお供って使いきれずに冷蔵庫の奥に眠っていることってあるやん。
そういうときにこのレシピを参考!! ごはんのお供として以外の食べ方もお楽しみいただけます。
それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。ほな、サイナラ~♪
スポンサーリンク




おすすめの記事