香川骨付き鶏風レシピ
どうも~ご飯が進むものならなんでも大好きおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

本日のご飯が進むレシピは「香川名物骨付鳥風チキンステーキレシピ」です。

知名度が広がったのはここ10年くらいではないでしょうか、「香川名物骨付鳥」。
骨のついた鶏肉1本まるごとをオーブン釜で焼き上げニンニクの効いた特製スパイスが美味しい「香川名物骨付鳥」。
そんな「香川名物骨付鳥」の味をご自宅でも簡単に再現できるんですよ、ほんとに。

骨付きでないもも肉を使用していることや釜ではなくフライパンで焼くのであくまでも「風」です。
食感は本場骨付鳥とは少し違いますが、味は骨付鳥そのものだと自信を持っているレシピです。
がっつりご飯が進んじゃいますよ。

本日のレシピも、赤坂の料亭で修行経験を持つプロの料理人桑折さん(現:美酒処琳の板長)に「を教えてもらいました。

【1】材料(1人~2人前)
・鶏もも肉…1枚
・塩…8g
・こしょう…3g
・すりおろしにんにく…15g
・酒…適量

【2】作り方
(1).鶏もも肉に塩・こしょうをまんべんなくふり、すりおろしにんにくをしっかりすりこませる。
(2).お酒を染み込ませたキッチンペーパーで(1)の鶏もも肉を包む。
(3).(2)を半日から1日ほど冷蔵庫で寝かせる。
(4).フライパンにサラダ油をひき、蓋をして焼く。途中水分がなくなり焦げそうになったら酒を適量いれる。
(5).両面にしっかり焼き目がつき、中までしっかり火が通ったら完成。フライパンに油が残っていればその油を鶏肉にかけても美味しい。

▼さらに詳しい作り方を動画で紹介しております↓

ヤフークリーターズプログラム「おかわりJAPAN」のフォローボタンをポチっとお願いします。

【3】コメント
・食感は違いますが、にんにく・塩こしょう・酒で香川名物骨付鳥の味をご自宅でも再現できます。(桑折)
・骨付鳥のお店で働いたことのある私ですが 味つけはまさに香川名物骨付鳥そのもの!
・食べる前はどこまで骨付鳥の味が再現できるのだろうか半信半疑でしたが、食べた瞬間「この味だ!」と驚きに変わりました。(長船)
・本場の骨付鳥は骨がついているのでビール片手に食べるイメージですが、骨なしの鶏もも肉をカットして食べるのでごはんにおかずとして食べやすいです。(長船)

▼おかわりJAPANプロデュース「ごはんがおいしい雑穀米」と一緒にどうぞ。

骨付き鶏風

ご飯をポジティブに食べられる雑穀米

雑穀米近年、糖質制限ブームなどもありご飯=太るというイメージをお持ちの方も増えてきました。しかし、雑穀ご飯はとてもパワーがあり栄養価も高く美味しい食べ物です。ご飯を食べることにマイナスイメージをお持ちの方はぜひ雑穀ご飯にして、美しい見た目と味、食感を楽しみ、雑穀の持つ機能性で体の中から元気に美しくなってみてはいかがでしょうか。

赤米、黒米、丸麦、もち麦、押麦、あわ、きび、の7種類の雑穀米をブレンド。おかわりJAPANプロデュースの雑穀米「ごはんがおいしい雑穀米」。1,000円/300g(税込・送料込)

おすすめの記事