まいどどうも♪

日本各地の美味しいご飯のお供をお取り寄せして紹介するおかわりJAPANです.

本日紹介するおかわりJAPAN 通産第288号目のご飯のお供はこちら↓↓↓

【ふりかけグランプリ入賞、外国の方への手土産にも】静岡県 磯駒海苔の「桜えびふりかけ」 です。

磯駒海苔桜えびふりかけ-1

桜えびふりかけは「海の宝石」と呼ばれるほど美しく、とても希少な駿河湾の特産品「桜えび」を贅沢に使用しました。

桜えびの素干しが丸ごと入ったふりかけは、桜えびの風味を存分に味わえる逸品です。

桜えびふりかけの封を開ければ、富士山をバックに赤いじゅうたんを敷きつめた様な素干しを作る光景が目に浮かび上がることでしょう。

 

磯駒海苔桜えびふりかけ-2

原材料は…

ごま、桜えび食塩、焼のり、乳糖、ブドウ糖、醤油(大豆、小麦)、砂糖、コンスターチ、

青のり、エビエキス、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、卵殻Ca,着色料(アナトー色素)

 

磯駒海苔桜えびふりかけ-3

ご飯の湯気でカメラのレンズがくもってしまうくらい、ほっかほかの炊きたてご飯です。

 

磯駒海苔桜えびふりかけ-4

それでは本日は

【ふりかけグランプリ入賞、外国の方への手土産にも】静岡県 磯駒海苔の「桜えびふりかけ」

をご飯にのせて…「いただきまーーす♪」

 

磯駒海苔桜えびふりかけ-5

桜えびは、 生の状態では透き通るような美しいピンク色をしていることから「桜えび」と呼ばれています。

また静岡県の駿河湾のみで水揚げされる希少性の高いエビです。

そのような貴重な桜えびを存分に味わえるのがこちらの「桜えびふりかけ」。

てか、桜えびをが入っているだけふりかけが栄えますね!!

 

磯駒海苔桜えびふりかけ-6

おかわりJAPAN内で何度も紹介しているのでご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、

昨年ふりかけ発祥の地 熊本で日本一のふりかけを決める「ふりかけグランプリ2014」が開催されました。

こちらの「桜えびふりかけ」はその大会で入賞したふりかけでもあります。

また「iTQi (国際味覚審査機構)」という国際的な味の審査機関に認められたオスミ付きのふりかけです。

パッケージには英語の記載もあり、デザインもシャレているので海外の方へのちょっとした手土産にもいいですね!

 

磯駒海苔桜えびふりかけ-7

 

製造者 株式会社 磯駒海苔
購入場所 日本橋三越 地下食品売り場
金額/内容量 324円/25g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント  思っていたより大きめの桜えび!桜えびばかりに注目がいってしましいますが、海苔や青のりもしっかり風味があって美味しいです。
特に「めちゃうま!!」というようなインパクトのあるご飯のお供ではないですが、安定してレベルの高いふりかけです。25gしか入っていないで家族で食べるとあっという間になくなっちゃいそう。

 

▼今回紹介した静岡県 磯駒海苔の「桜えびふりかけ」の詳細情報&お買い求めはこちら▼

磯駒海苔 のホームページへ

 

今回紹介した「桜えびふりかけ」以外にも定番で一番人気の「磯ごま一番」ふりかけや

地元焼津のかつおを使った「ごまかつお一番」ふりかけなども美味しいそうですね♪

 

少し話がずれますが、今回使用したお茶碗もおろしたてのニューお茶碗です。

気づきましたか?

お茶碗を変えるだけでご飯のお供の印象もガラッと変わり、撮影の幅も広がりとてもワクワクします。

ご飯のお供だけでなく、素敵なお茶碗なんかも紹介できたらなぁっと思っています。

 

 

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク




おすすめの記事