赤米と黒米

どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPANの長船です。

昨年から11月くらいから、ご飯のお供を紹介する画像に使っている「ごはん」が、徐々に「雑穀米」になっているのお気づきでしたか? 昨年から雑穀米に夢中で雑穀米の販売まではじめちゃったんです。

本当は雑穀米の魅力をもっともっとみなさまにお伝えしたいのですが、あまり上手に伝えらにずもやもやしています。 そこで私の代わりに雑穀米の魅力を伝えくれる方をお連れしました。

管理栄養士であり雑穀エキスパートの中西由紀さんです。

 

はじめまして、中西由紀です。今回は長船さんに代わって雑穀米の魅力、特に「赤米」と「黒米」の魅力をこの場をお借りしてお伝えいたします。

==

<以下の、管理栄養士 中西由紀さんの文章です。>

栄養価が高く、手軽に美味しく食べられる雑穀ですが、種類が豊富であることも魅力の一つです。

粒の大きさや色など見た目の違いはもちろん、味や含まれている栄養素も種類によって異なります。

白米に混ぜて炊いても一緒に入れる種類によって見た目が異なるので、色のあるご飯として雑穀らしさを楽しんでもいいし、色がご飯につかないものを入れて白米のような見た目にして炊くこともできます。一緒に食べるおかずに合わせて変えてもいいですし、摂りたい栄養素によって組み合わせを変えるなど様々な楽しみ方ができます。

■色の美しさが特徴的な「赤米」と「黒米」

雑穀ならではの特徴を感じるのにおすすめなのは、色が鮮やかで美しい赤米や黒米といった有色米(古代米)です。

これらは、お米と同じ稲であり玄米に独特の色を持っている種類です。

糠層に色素を含み、黒米の鮮やかな紫色はアントシアニンと呼ばれる色素で、赤米はタンニンと呼ばれる色素を持っています。

玄米も栄養価が高く食物繊維も豊富ですが、有色米は玄米にさらに色のパワーがプラスされたところに特徴があります。

黒米のアントシアニンも赤米のタンニンもポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり体内の活性酸素を取り除いてくれます。

私たちは酸素を取り込みエネルギーを生み出していますが、取り込んだ酸素の一部が体内で活性酸素に変わり細胞を傷つけることがあります。これを防いでくれるのが抗酸化物質です。

抗酸化物質は体内でも作られますが、年齢とともに量は減ってくるので食べ物からの摂取が必要となります。

食べ物に含まれている抗酸化物質には、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどがあり、黒米、赤米にはポリフェノールだけでなくビタミンEも多く含んでいるため、抗酸化作用が期待できアンチエイジングや病気の予防につながります。あわやひえ、きびなどほかの雑穀と比較しても黒米には約2~3倍の活性酸素消去能があります。

また、もちもち、プチプチとした食感がして食べ応えもあり、自然と噛む回数を増やしてくれることから顎周りの筋肉も鍛えられ小顔効果も期待できます。

■ポジティブな気持ちで食べられるご飯

近年、糖質制限ブームなどもありご飯=太るというイメージをお持ちの方も増えてきました。

しかし、雑穀ご飯はとてもパワーがあり栄養価も高く美味しい食べ物です。

ご飯を食べることにマイナスイメージをお持ちの方はぜひ雑穀ご飯にして、美しい見た目と味、食感を楽しみ、雑穀の持つ機能性で体の中から元気に美しくなってみてはいかがでしょうか。

食べるほど健康に美しくなれる、そんなポジティブな気持ちでぜひ雑穀米をお召し上がりください。

==

いかがでしたか?

「赤米」と「黒米」ってこんなに素晴らしいお米なんですね~。さすが専門家!とてもわかりやすかったです。

ちなみに…

おかわりJAPANが販売している雑穀米「ごはんが美味しい雑穀米」は「赤米」と「黒米」がメインの雑穀米です。

2020年2月1日から価格を改定して送料込・税込で1,000円ポッキリになり、発売開始当初よりもお買い求めいただきやすくなりました。

 

==

この記事は 管理栄養士の中西 由紀(なかにし ゆき)さんに書いてもらいました。

中西 由紀(なかにし ゆき)  2020年1月現在
管理栄養士/雑穀エキスパート
大学在学中にフードコーディネーターの資格を取得し、料理教室や雑誌などの料理撮影のアシスタント経験を積む。

大学卒業後は、管理栄養士として社員食堂で勤務する傍らレシピ開発やコラムの執筆などの活動を行う。

現在は、雑穀でダイエットや肌荒れを克服した自身の経験を踏まえ、その魅力を伝える活動としてレシピ開発、コラム執筆などを中心に活躍中。また、一般社団法人ChefooDoにて食育活動にも取り組んでいる。

==

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。

ほな、サイナラ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯をポジティブに食べられる雑穀米

雑穀米近年、糖質制限ブームなどもありご飯=太るというイメージをお持ちの方も増えてきました。しかし、雑穀ご飯はとてもパワーがあり栄養価も高く美味しい食べ物です。ご飯を食べることにマイナスイメージをお持ちの方はぜひ雑穀ご飯にして、美しい見た目と味、食感を楽しみ、雑穀の持つ機能性で体の中から元気に美しくなってみてはいかがでしょうか。

赤米、黒米、丸麦、もち麦、押麦、あわ、きび、の7種類の雑穀米をブレンド。おかわりJAPANプロデュースの雑穀米「ごはんがおいしい雑穀米」。1,000円/300g(税込・送料込)

おすすめの記事