2020年1月21日日本テレビバケット

どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPANの長船(@OKAWARIAJAPN)です。

ご報告が遅れました

2020年1月21日(火)に放送された日本テレビの午前の情報番組「バゲット」にてご飯のお供を紹介させていただきました。

これが2020年のおかわりJAPANテレビ出演1発目です。

以下のつ5つです。

1:上野水産"の「勝ちえびラー油」



受験シーズン真っ最中。頑張っている受験生に食べてほしい縁起物のご飯のお供。

殻を取り除く時に「叩き棒」を使用し、その音がカチカチと音がすることから「かちえび」と言われ、勝負事や受験等の「勝ちえび」としての縁起物としても今も親しまれているエビを使用。

ぴりりと辛さが後をひくラー油の中に,噛むほどに旨みが広がる勝ちえびがたっぷり。

2010年代桃屋の食べるラー油のブーム以来、ラー油を使ったご飯がお供が増えましたが、まだまだラー油を使ったご飯のお供人気は続きそう。

勝ちエビラー油のより詳しい情報はこちら屋↓

 

2:キッコーマンこころダイニングの「サクサクしょうゆアーモンド」

サクサクしょうゆアーモンドご飯にのせる

 

サクサクしょうゆアーモンド
母体は醤油メーカー最大手のキッコーマン。醤油メーカーだからこそ作れるご飯のお供。

醤油がフリーズドライになっているので旨みが凝縮され、さらにサクサク食感を演出。

普通の醤油をフリーズドライにするだけでは風味が弱いのですが、しょうゆもろみを使った醤油をフリーズドライにしているので醤油の深みのある味を味わえます。

万能調味料としても有能。野菜・肉・野菜なんでもOK。

私のおすすめ簡単レンジは、茹で茹でた野菜に和えるだけ。サクサクナムルが出来上がります。

さくさくしょうゆアーモンドのより詳しい情報はこちら↓

 

3:久世福商店の「海苔バター」

海苔バター

ご飯のお供のド定番「海苔の佃煮」にバターをいれた、新感覚の「海苔の佃煮」。蓋を開けた瞬間にふんわり広がるバターの香り。

バターとご飯は合うのか?という疑問もわくかもしれませんが、数年前に「バター乗せご飯」が流行っていたほどバターとご飯の相性はよい。味の濃い海苔の佃煮に負けないほどしっかりしたバター味。

甘口の海苔の佃煮とバターが絶妙にマッチイングしています。
久世福商店「海苔バター」のお取り寄せはこちら↓

4:焼肉矢澤の「炊きたてご飯にかける焼肉」

ごはんにかける焼肉

焼肉屋さんが作ったなんともゴージャスなご飯のお供「炊きたてご飯にかける焼肉」。肉の味付け美味しさは申し分なし!

注目すべきは焼き肉の焼き目を再現するための別瓶の「秘伝のカリカリ」。瓶を2つにわけて食感を再現するというこだわりは、ほかでは見たことがない。

おススメの食べ方は卵黄と刻みねぎをのせて。肉の旨みとタレの美味しさを卵黄が優しく包みこんでくれます。

炊きたてご飯にかける焼肉の詳細はこちら↓

 

5:北海道 ノフレ食品の「やみつきたこ」

やみつきタコ

やみつきタコ

おかわりJAPAN 2020年注目NO,1のご飯のお供。タコの旨みににんにくの風味そして玉ねぎの甘みが合わりそれをまとめる菜種油。とどめはホタテ。 ホタテが入ることによって食感が豊かになっています。

似た味が多いご飯のお供ですが、他社製品で同じようなご飯のお供に出会ったことがありません。

厳しい環境で料理を強いられる南極料理人の創意工夫が詰まったご飯のお供です。

やみつきたこの詳しい情報はこちら↓

==

以上、2020年1月21日に放送された日本テレビバゲットで紹介されたご飯のお供 5選

でした。

2020年もいっぱいメディアに露出して多くの人にご飯のお供の魅力をお伝えいたします♪

 

 

 

ご飯をポジティブに食べられる雑穀米

雑穀米近年、糖質制限ブームなどもありご飯=太るというイメージをお持ちの方も増えてきました。しかし、雑穀ご飯はとてもパワーがあり栄養価も高く美味しい食べ物です。ご飯を食べることにマイナスイメージをお持ちの方はぜひ雑穀ご飯にして、美しい見た目と味、食感を楽しみ、雑穀の持つ機能性で体の中から元気に美しくなってみてはいかがでしょうか。

赤米、黒米、丸麦、もち麦、押麦、あわ、きび、の7種類の雑穀米をブレンド。おかわりJAPANプロデュースの雑穀米「ごはんがおいしい雑穀米」。1,000円/300g(税込・送料込)

おすすめの記事