ご飯のお供を食べることが生きがい!!

どうも~おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です!

新米シーズン真っただ中!!

日頃は陽の目を浴びることが多くないご飯のお供ですが、

新米シーズンの9月10月は多くのメディアでご飯のお供特集が組まれていて、

みなさまのもとへも、さまざまなお供情報が日々流れてくることでしょう。

今回紹介するご飯のお供は焼肉屋が本気で作ったご飯のお供。

日本のみならずシンガポール・ミラノ・ビバリーヒルズ・ベトナムにも店舗があり

世界中の食通から愛されている焼肉矢澤が作ったご飯のお供。

ご飯のお供って食卓の脇役なイメージですが、これはもはや主役ですね!

==
本日紹介する通産第936号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【焼肉屋が作ったご飯のお供】焼肉矢澤の「炊きたてご飯にかける焼肉」です。

本商品は、「元祖 炊きたてご飯にかける焼肉」が2本と、「元祖 秘伝のカリカリ」1本の、3本セットです。
「かける焼肉」瓶は、肉と肉汁とタレのイメージ。
「カリカリ」瓶は、香ばしい焼き上がりのイメージから創り上げました。

少し硬めに炊いた熱々のご飯に、たっぷりと「かける焼肉」を、その三分の一から半分ぐらいの量のカリカリを油をよく切ってからかけてお召し上がりください。お好みで、卵黄と刻んだ万能ねぎなどをかけると、より美味しくお召し上がりいただけます。


原材料は…
元祖 炊きたてご飯にかける焼肉(左側)
牛肉(国産黒毛和牛)、ねぎ(国産)、たまねぎ(国産)、三温糖、しょうゆ、しょうが(国産)、本みりん、たまりしょうゆ、味噌、酵母エキス、食用植物油脂(大豆油、菜種油、ごま油)、にんにく(国産)、清酒、かつおエキス、香辛料(一部に小麦・牛肉・ごま・大豆を含む)

元祖 秘伝のカリカリ(右側)
食用植物油脂(大豆油、菜種油)、ばれいしょ(国産)、にんにく(国産)、(一部に大豆を含む)

 

 


お肉はすべて国産の黒毛和牛!! 熟練の職人たちの徹底した品質管理のもと処理された牛肉を使用。

瓶からスプーンですくいあげるときの肉の香り!  香りだけでご飯が進みそう~。

 

このご飯のお供の一番の特徴は別瓶の「秘伝のカリカリ」をのせて食べることです。

味や風味だけでなく食感も焼肉に近づけるための「秘伝のカリカリ」。

カリカリ食感のご飯のお供はさほど珍しくはないですが、

本体のご飯のお供とは別の瓶詰めで食感を出すご飯のお供はこれが初めて。

私も1000種類近くご飯のお供を食べてきましたが、、、これほど食感を出すためにこだわりを持っている商品はほかに思い浮かばないですね。

ちなみにこお「秘伝のカリカリ」はサラダにかけたり豆腐ののせたり、ドレッシングとしても使える万能調味料。

単体でも商品として成り立つハイクオリティー。

 

販売者 株式会社ヤザワミート
購入場所 ヤザワミートオンラインショップ
金額/内容量 3,700円(税抜)/170g×2瓶 155g×1瓶
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 本体の「ご飯にかける焼肉」の美味しさは想像通りに美味しい最上級の肉系ご飯のお供。

そこに「秘伝のカリカリ」を加えることで食感にバリエーションがうまれ想像を超えた美味しさになります。

ご飯のお供としては高価な部類ですが、それだけの価値のあるご飯のお供です。

箱にも入っているので贈り物にもよさそう。

 

ご飯にかける焼肉の特徴を簡単にまとめた動画もあります↓

▼今回紹介した 焼肉矢澤の「炊きたてご飯にかける焼肉」のお取り寄せはこちら↓↓

▼9月20日放送 ヒルナンデスのご飯のお供特集に紹介されました!
なので今注文してもすぐには届かないようです。
食いしん坊さんにはこの"待ち"時間は苦痛かもしれませんが、、、我慢してくださいね。
▼美味しいご飯のお供を食べて、ちょっとずつ健康意識「ごはんがおいしい雑穀米」
炊きたての白いご飯って本当に美味しい!
日本人だからこそDNAレベルで美味しく感じる白米!
でも精米された白いお米は栄養価的には少しもの足りない食べ物。
私も毎日ご飯食を続けていく中でその点に不安を感じてしました。
そんなときに出会った雑穀米。
現代の日本人が不足しがちな食物繊維やミネラルや各種ビタミンを少しずつ摂取することができます。
数年前から雑穀米にはまり…
今年8月に私自身が商品開発して「ごはんがおいしい雑穀米」を発売しました。
美味しいご飯のお供と合わせてよろしくお願いします☆
それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします!ほな、サイナラ~♪
スポンサーリンク




おすすめの記事