どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)です。

コリアンタウンといえば、東京なら新大久後、大阪なら鶴橋が有名です。

あまり知られていないかもしれませんが東京上野にも小さなコリアンタウンがあります。

私はもう5年くらい上野の近くに住んでいるのですが、先日はじめて行ってきました。

 

このように焼肉屋さん・韓国料理屋さんや韓国の食料品店が並んでいます。

新大久保や鶴橋ほどの規模感はなく、観光地ではない。

どちらかというと地元に親しまれて生活に溶けこんだ商売をされているような感じです。

何店舗かキムチを買えるお店があるのですが、

「東上野 キムチ」で検索すると一番上位に表示される第一物産に入りました。

店内には定番の白菜キムチ(ペチュキムチ)・カクテキ・チャンジャはほかにも、梅干しキムチやほたるいかキムチやオリーブキムチなど創作キムチもたくさん!!

たくさんありすぎてどれにしようか迷います。

全種類購入したい気持ちはやまやまですが、いかんせんうちの冷蔵庫が小さくて私に割り振れているスペースも小さいので2種類くらいしか買えない。

ということで今回は定番の「ペチュキムチ」「チャンジャ」を購入し、「ペチュキムチ」を紹介します。

==
本日紹介する通産第1,018号目のご飯のお供はこちら↓↓
【東上野コリアンタウンのキムチ専門店】東京都"第一物産"の「ペチュキムチ」 です。
ペチュキムチ

キムチ職人がひとつひとつ丁寧に漬けた韓国伝統の白菜キムチ~ 季節ごとに全国の契約農家から仕入れる国産白菜、代々伝わる厳選した素材から抽出した出汁と厳選した素材で作る薬念(ヤンニョム)で漬けた「ペチュ(白菜)キムチ」。 市販のキムチとは違い、伝統手法で漬けた当店のキムチは、ご家庭用だけでなくお土産などの贈答品としても好評を頂いています。全国の焼肉店など飲食店のプロの方にも支持頂いている創業から代々伝わる伝統製法の“発酵するキムチ”です。 漬けたての味を楽しむのも、発酵させてお好みの酸味で召し上がるのも、第一物産のキムチだからこそ味わえる韓国伝統のキムチの味は、そのまま召し上がるだけでなく、発酵した白菜キムチをキムチチゲや豚キムチ炒め、麺類や冷やっこのトッピングなど、様々な料理に合わせて楽しめる逸品です。

 

ペチュキムチ-1

原材料は…白菜(国産)、漬け原材料(昆布・鰹だし(昆布エキス、風味調味料(かつお)、その他)、唐辛子粉、大根、砂糖、食塩、パインアップル、にら、にんにく、アミ塩辛(えびを含む)、玉ねぎ、りんご、風味調味料(かつお)、ごま、生姜、人参、ねぎ、イワシ塩辛、セロリ)、調味料(アミノ酸等)、酸味料 です。

 

ペチュキムチ-3

 

ペチュキムチ-4

 

ペチュキムチ-5

購入場所 第一物産上野本店
金額/内容量 845円(税込)/500g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 美味しくて、食べやすい。

「ここが他社のキムチとは違う」

があるわけではないですが、ほどよく辛くて酸味があり、香味があり。

専門店が作る期待通りのキムチでした。

▼今回紹介した"第一物産"の「ペチュキムチ」のお取り寄せはこちら↓↓

 

 

 

※ちなみに撮影に使ったお米は、私おかわりJAPANが販売しております「ごはんがおいしい雑穀米」というお米です。興味がある方はぜひ。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ~♪

ご飯をポジティブに食べられる雑穀米

雑穀米近年、糖質制限ブームなどもありご飯=太るというイメージをお持ちの方も増えてきました。しかし、雑穀ご飯はとてもパワーがあり栄養価も高く美味しい食べ物です。ご飯を食べることにマイナスイメージをお持ちの方はぜひ雑穀ご飯にして、美しい見た目と味、食感を楽しみ、雑穀の持つ機能性で体の中から元気に美しくなってみてはいかがでしょうか。

赤米、黒米、丸麦、もち麦、押麦、あわ、きび、の7種類の雑穀米をブレンド。おかわりJAPANプロデュースの雑穀米「ごはんがおいしい雑穀米」。1,000円/300g(税込・送料込)

おすすめの記事