おにぎらず-15

みなさん、こんにちは。

日本各地の美味しいご飯のお供をお取り寄せして紹介するおかわりJAPANです。

突然ですが今日は「おにぎらず」を作ってみます。

みなさま、「おにぎらず」ってご存知ですか?

まずは簡単に「おにぎらず」の説明をしますね。

ご飯と海苔といえば「おにぎり」ですが、近年人気上昇なのが「おにぎらず」。

某マンガ(クッキングパパ)から誕生したこのレシピは、ラップの上に海苔、ご飯、具材をのせて四隅を四角くします。

ご飯を握らないので手も汚れず、食べやすく、具材が見えてお弁当箱をカラフルに演出できることから、お子様からOLまで幅広い方に大人気になり、レシピサイトにはアイディアメニューが満載です。

 

ということらしいです。

「汚さず」「簡単に」「見栄えする」、まさに現代っぽい料理ですね!

また、人気の理由の一つとして「おにぎりの具材になりえなかったものでも、おにぎらずなら具材になる」というのもあるそうです。

例えば

・ドライカレーもええし、

・とんかつもええし、

・ハム&エッグなんかもええなぁ・・・・・・・・・・・・・・まぁ例を挙げるとキリがないですね。

 

日ごろ炊いたご飯の上に何か乗せるだけで、

料理は全くしないワイですがせっかく「おにぎらずのための塩のり」を頂いたので、

ここは時代の流れにのって「おにぎらず」を作ってみます。

 

おにぎらず-2

今回紹介する「おにぎらず用の海苔」は、

大阪"ニコニコのり"の「瀬戸内海産おにぎらずのための塩のり 10枚」です。こちらの海苔を使って「おにぎらず」を作っていきます。

 

さて、ここで「おにぎらず」を作るうえで最も重要なことを考えます!!それは…

・「おにぎらずの具材は何にするか???」

です。

 

クックパッドを調べたら確かに沢山の数のレシピがアップされていました。

クックパッドにレシピをアップする人、スピード感ありすぎて尊敬します!! ワイもそれくらい流行りもんには敏感になっていち早く情報発信せな。

話が少しそれましたが、

ご飯のお供ブロガーとして「どんなおにぎらずを提案したらみなさまが おもしろい!! と思ってくれるのだろう」と考えて、たどりついた答えが

「今まで実際に食べた約300種類のご飯のお供の中で、一番おにぎらずにしたいご飯のお供は?」

ということです。

正直、料理下手なワイがレシピを考えたところで何もおもろないやろーし、誰も望んでへんやろ。

いろんなご飯のお供を食べてきた経験をいかし、おにぎらず の具材にしたら美味しいだろうご飯のお供を、今まで食べてきたご飯のお供約300種類の中から、1つピックアップしました。

それがこれ!!!
沖縄県の「コンビーフハッシュ」です!!

おにぎらず-5

コンビーフハッシュとは…

コンビーフと賽の目に切ったジャガイモを混ぜあわせて作ったものがコンビーフハッシュ。沖縄では長く県民に愛されてきた食べ物です。

もっと「コンビーフハッシュ」について知りたい方は

通産第150号目【ケンミンショーで紹介された沖縄県民熱愛グルメ】 コンビーフハッシュ

の記事を読んでください。

 

おにぎらず-6

コンビーフハッシュそのものにはあまり味がついていないので、下ごしらえとして塩こしょうで炒めました。

 

おにぎらず-7

で、コンビーフハッシュ以外に、千切りキャベツとチーズを用意しました。

どう、このチョイス!

 

おにぎらず-8

それでは「おにぎらず」を作っていきます。

今回使用する「おにぎらずのための塩のり」には塩がついている面とついてない面があります。塩がついている面を上に向けます。

 

おにぎらず-9

お茶椀大盛り1杯の約半分を盛りました。だいたい100gくらいかぁ。

もう少し少なくてもよかったかも。

 

 

おにぎらず-0

で、ここに塩こしょうで炒めたコンビーフハッシュをのせます。

 

おにぎらず-11

そして、千切りキャベツとチーズをのせます。 で、この上にさらにご飯をのせます。

 

おにぎらず-12

具材の上にご飯をのせたら海苔の4隅をそれぞれ海苔の中心にもっていきます。

 

IMGP9512-12

このように海苔で包んで、ご飯の熱で海苔がなじんできたら…縦もしくは斜めに包丁を入れてカットします。

 

おにぎらず-13

こちらが完成です!!

「おかわりJAPAN流、コンビーフハッシュ入りおにぎらず」の出来上がりです☆

海苔がちゃんとくっついていませんが初めての「おにぎらず」、簡単に作りことはできました☆

反省点としては

『ご飯が多くて、具材のコンビーフハッシュが少なかったこと』です。 まぁ料理上手なみなさまはそのへん上手に作られるでしょう。

 

おにぎらず-14

 

販売者 ニコニコのり株式会社
購入場所 サンプルとしていただきました。
金額/内容量 350円(税込)/板のり10枚分
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 初めて「おにぎらず」というものを作って食べましたが、確かに簡単で手を汚さず作れてそして楽しめる☆  そもそもこの「海苔」そのまま食べても美味しいですよ。「おにぎらず」という料理、おにぎり・お寿司やご飯のお供とはまた違ったご飯の食べ方・楽しみ方をわれわれに提案してくれる、とてもよい料理だと思います。

※これは「おにぎらずのための塩のり」の評価であって、ワイが作った「コンビーフハッシュおにぎらず」の評価ではありません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今少しずつブームになりつつある「おにぎらず」。

できあがりの写真があまり美味しそうでなくて、大変申し訳ないす!!

コンビーフハッシュのおにぎらず美味しかったですよ。チーズとキャベツ、そしてご飯との相性はばっちり☆

 

まだ海苔が残っているので機会があればまたおススメのご飯のお供を使い、そしてもっと写真栄えするようきれいに作りたいと思います!!

 

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします♪

ほな、サイナラ☆

 

 

 

スポンサーリンク




おすすめの記事