中国を代表的なお漬物「ザーサイ」。

コリコリの食感とほんのりピリ辛さで日本でも大人気のお漬物ですよね!

そんなザーサイは「茎」を食べることがほとんですが、今回はザーサイの「葉」を使ったご飯のお供!!

しかも国産ザーサイ使用とのこと。

==

本日紹介するおかわりJAPAN 通産第445号目のご飯のお供はこちら↓↓↓

【国産ザーサイ使用】東京日本橋"遠忠食品"の「ザーサイ葉油炒め」 です☆

ザーサイ菜油炒め-2

国産ザーサイの葉部分を細かく刻み、ごま油でサッと炒めて仕上げました。

香ばしさとザーサイ葉特有のほのかな辛みと苦味が食欲をそそるおいしさです。

ご飯のおかずや箸休めとして、また冷奴のトッピングやチャーハンの具としてもお使いいただけます。

 

ザーサイ菜油炒め-3

原材料は

ザーサイ葉(国内産)、かつおエキス、魚醤、砂糖、発酵調味料、しょうが(国内産)、醸造酢、ごま油、食塩、香辛料(こしょう、唐辛子)

です。

 

ザーサイ菜油炒め-4

「葉」ものを使ったご飯のお供は強豪揃い!!

日本三大菜と呼ばれる「高菜」・「野沢菜」・「広島菜」をはじめ、「しゃくし菜」や「大根菜」など。

炒めたり、漬物にしたり、ちりめんと和えたりと調理方法もいろいろ。

これらの「葉」ものと比較して「ザーサイ菜」はどのような存在感を見せてくれるのだろう。

 

ザーサイ菜油炒め-4

それでは本日は

【国産ザーサイ使用】東京日本橋"遠忠食品"の「ザーサイ葉油炒め」

をご飯にのせて…「いただきまーーす!」

 

ザーサイ菜油炒め-5

 

ザーサイ菜油炒め-7

以前、おかわりJAPANではザーサイの「茎」の部分を使った浅漬けも紹介しております。

よろしければ 【四川産のザーサイを使用】みずみずしくてシャキシャキ歯ごたえの「浅漬けザーサイ」 を合わせてご覧ください。

 

 

IMGP1626-8

製造者 遠忠食品
購入場所 遠忠商店
金額/内容量 380円(税抜)/100g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント  店舗のコンセプトが「有機野菜・オーガニック食品」とうたっているお店、

ですので、この「ザーサイ菜油炒め」も素材の味がしっかり伝わる優しい味の油炒め。

濃い味付けになれてしまっている人には少しもの足りないかも。(私です。)

 

ザーサイ菜初めて食べましたが、高菜や野沢菜ほど葉の肉厚さがないと感じました。(まぁ~ものによるのでしょうが。)

 

▼東京日本橋にある 「遠忠商店」 で購入しました。

IMGP1626-9

半蔵門線 水天宮前駅 から徒歩2分の好アクセス。

このブランド、主力商品は「江戸前でぃ!」という東京湾でとれる海の幸の佃煮シリーズのようです。

近いうちに「佃煮」も紹介しますね。 お楽しみに☆

 

「ザーサイ菜油炒め」をオンラインで購入希望の方はこちら→【ビューライフショップ(Yahoo!ショップ)

 

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします☆

ほな、サイナラ!

 

 

スポンサーリンク




おすすめの記事