どっかのメディアでみかけてすごく印象に残っている好きなコピー…
「食べるラー油戦国時代」

まさにその通り!!ご飯のお供マニアとしていろんな食品売り場やオンラインショップを覗いてきましたが、
「食べるラー油」もしくは「おかずラー油」系のご飯のお供は本当によく見かけます。

たぶん「食べるラー油」だけでもブログとして成り立ちそうなくらい種類はあるはずです。
(だれか「食べるラー油マニア」やりませんか?w)

「ただただ辛いだけ」・「油がベトベトしている」など…お粗末なものもあれば、
ご当地食材を使ってしっかり丁寧に作りこまれているものまで…ふり幅も大きい。

果たして今回紹介する「甲州地どりトマトらー油」はそんな"食べるラー油戦国"の世を勝ち抜くことはできるのでしょうか?

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第518号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【"食べるラー油戦国時代"を制するのはこれだ!?】山梨県"笛吹の庄"の「甲州地どりトマトらー油」 です。
地どりトマトラー油-1

ワイン王国の山梨県産ワインをベースに青森産ブランドにんにくをたくさん使用し「おいしさ!」にこだわっております。
鶏肉は豊かな自然で放し飼いし、120日かけてしっかり飼育。
広い土地で約4ヶ月十分に運動するため、引き締まった肉質!噛めば噛むほど、旨みがあふれます。

 

地どりトマトラー油-2

原材料は…
味噌、甲州地鶏、にんにく、生姜、大葉、にら、青唐辛子、白ワイン、砂糖、みりん、ごま、ごま油、豆板醤、らー油、トマト、
カニエキス、カキエキス、ホタテエキス、チキンコラーゲン、鶏ガラスープ、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に大豆・鶏肉・ごま・かにを含む)
です。

地どりトマトラー油-3
食べるラー油系のご飯のお供を食べるときに、当たりかハズレかのファースト判断、、、。
それはまずスプーンで具材をすくい上げてみましょう。

ハズレは具材がスッカスカな場合が多いです。

この「甲州地どりトマトらー油」はというと……具がたっぷり!!しかも地どりもたっぷり☆
これは第一印象から絶好調ですわ!!

 

地どりトマトラー油-4
それでは本日は…
【"食べるラー油戦国時代"を制するのはこれだ!?】山梨県"笛吹の庄"の「甲州地どりトマトらー油」 をご飯にのせて…「いただきま〜す!」

 

地どりトマトラー油-5

 

地どりトマトラー油-7

 

製造者 笛吹の庄
購入場所 笛吹の庄オンラインショップ(47クラブ)
金額/内容量 880円(税込)/170g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント  これは…絶品ですね!!

数ある「食べるラー油」・「おかずラー油」系の中でもトップレベル。私が食べた中でも間違いなく3本の指に入りますね。

トマトのほどよい酸味と甘み、歯ごたえもありたっぷり入ったゴロゴロの地どり、
そしてその主役の脇を固めるラー油やにんにくその他多数。
過去に美味しくない「食べるをラー油」を食べてもうコリゴリだと失望していたそこのあなた…
「甲州地どりトマトらー油」ならきっと満足できるはず。

食べるラー油戦国時代を制するポテンシャルを持ったご飯の友です。

▼今回紹介した 山梨県"笛吹の庄"の「甲州地どりトマトらー油」のお取り寄せはこちら↓↓


IMGP4196-7
紹介した「甲州地どりトマトらー油」以外に「ホークトマトラー油」・「にんにくトマト」の計3種類が入った詰め合わせをお取り寄せしました。
似たような商品なので1つ食べたらほかの2種類もだいたい味の想像がつきますが…、、、。。。

感想は後日ブログで紹介しますね。お楽しみに。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします♪
ほな、サイナラ〜!!

 

スポンサーリンク




おすすめの記事