toggle
2017-08-25

<おかわりJAPAN 初プロデュース商品>味噌汁専門店 美噌元の「ごはんにのせるとん汁」

ごはんにんせる豚汁

日照不足で今年のお米は大丈夫なのか…とニュースでやっていましたが新米シーズンを前に暗雲たちこむお米業界。そんなお米業界に朗報がございます!!

やっとこのときが来ました。 ご飯のお供紹介ブログ おかわりJAPANをスタートさせて早くも3年が過ぎました。紹介したご飯のお供は700種類を越え、メディアでもご飯のお供の達人として露出させていただく機会も増えてきました。

そんなおかわりJAPANですが、、、2017年9月待望の初プロデュース商品の発売が決まりました!!

その名も…「ごはんにのせるとん汁」です!!(ドヤッ)

 

●ご飯のお供業界は空前絶後の「ご飯にのせる(かける)○○」ブーム!!

イエェェェェ-イ 空前絶後のぉ~「ご飯にのせる(かける)○○」ブーム!!

昨今のご飯のお供業界は「ご飯にのせる(かける)○○」がトレンド。ご飯にのせる餃子、ご飯にかけるハンバ具ー(ハンバーグ)、ご飯にかけるから揚げやご飯にのせる焼肉etc。

みんなが大好きなおかずを手軽に食べられる瓶づめスタイルの商品が流行っています。初プロデュース商品はこのご飯のお供業界の流れに便乗してみました。

 

●「ごはんにのせるとん汁」とは

ごはんにのせるとん汁

味噌汁屋が作ったおかず味噌

2013年のオープン以来、美噌元kITTE GRANCE店名物の「豚汁」。

そのレシピを元に作ったのが「ごはんにのせるとん汁」。 美噌元の豚汁は豚肉とたまねぎをトロトロになるまで長時間じっくり煮込でいます。 家庭では真似できない専門店ならでは製法。

このとろとろ豚汁のレシピから、他にはない味噌汁専門店のおかず味噌が できるのではないだろうか。と考え試行錯誤を重ね完成したのが この「ごはんにのせるとん汁」です。

野菜の甘みとカツオだしを効かせた肉みそです。さらに、よりご飯が進むようにと生姜の風味を効かしております。

おすすめのポイントは…

-豚汁の定番具材である大根・人参、そしてたまねぎの野菜の甘みが際立つおかず味噌です。
-より豚汁らしさをだすためにかつおダシを効かせています。
-豚汁の美味しさを引き立てれるために欠かすことのできない薬味。
もちろん「ごはんにのせるとん汁」にもしっかり「ネギ」と「唐辛子」を入れています。ネギの甘みと唐辛子のピリ辛さでヤミツキ必至です。!
-より白ご飯が進むように生姜を入れています。

 

ご飯にのせるとん汁
パッケージはこんな感じです。 ブレーメンの音楽隊のようなイラストがかわいいでしょう。 お茶碗に盛られた白ご飯の上に具材の豚肉・人参・玉ねぎ・ねぎがのっかっています。

このパッケージならちょっとした手土産にもOKやで♪

ごはんにのせるとん汁
基本的に濃いめに味付けされているご飯のお供。 この「ごはんにのせるとん汁」も濃いめに味付けしております。
「少し味が濃いな〜」と感じるときは卵の黄身と一緒にどうぞ。 黄身が味噌の辛みをまろやかにしてくれます。

 

●味噌専門店「美噌元」とは

美噌元とは

関東で店舗展開、味噌汁専門店「美噌元」

お椀を前に、ほっとなごむひとときを。味噌とかつおの香りかぐと、不思議と心と体も和んできます。
そんな日常のほっとするひと時を大切にしたく味噌汁専門店美噌元は始まりました。主食となるお味噌汁(丸の内店イートイン)、笑顔になるお味噌汁(美噌汁最中)、毎日摂りたいお味噌汁(しじみエスプレッソ)、蔵を楽しむお味噌汁(日本みそ蔵巡り)など、色々な形のお味噌汁をお届けして参ります。

 

●商品の詳細情報

発売予定…9月上旬

価       格…600円(税抜)/130g

販売場所…味噌汁専門店「美噌元」の店舗およびオンラインショップ(http://www.misogen-online.com/)。
▼お取り寄せはこちら↓↓↓

●お問い合わせ先

こちらの商品に関するお問い合わせは

TEL:0120-68-1060(平日10時〜17時)

Mail:customer@misogen.com

美噌元(みそげん)まで。

==

追記…この味噌汁専門店は私が勤めている会社です。w  よろしゅう頼みます♪

 

関連記事