ほんまにブームやな。 ごはんにかける(のせる)○○シリーズ。 ※○○の中には人気おかずが入ります。  ごはんにかける餃子ごはんにかけるハンバーグごはんにかけるからあげ、ごはんにかける焼肉。 私自身がプロデュースし、おかげさまでテレビにも取り上げてもらった「ごはんにのせるとん汁」も、この流行に便乗したものです。(笑)

そんな今人気の「ごはんにかける(のせる)○○」関連のご飯のお供。 今度はすき焼きです。 すき焼きとか反則やん、絶対ご飯が進むやーーーん!!!!!





==

本日紹介するおかわりJAPAN 通産第781号目のご飯のお供はこちら↓↓↓

【ごはんにかける○○シリーズ】静岡県"新丸正"の「かけるすき焼き」です。
かけるすきやき-1

長野県産木桶仕込み醤油に焼津産鰹節、北海道産真昆布でだしを効かせたタレで「牛すき焼き風」を再現したご飯のお供です。

 

かけるすきやき-2

原材料は…醤油、砂糖、水飴、本みりん、粒状大豆たん白、香味ビーフオイル、乾燥野菜(白菜、ねぎ)、エキス系調味料、鰹削り節、昆布/酸味料、増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦、牛肉、豚肉、大豆を含む) です。

 

かけるすきやき-3

ここで残念なお知らせがあります。 実はこのかけるすき焼き、、、牛肉が入っていません!! 牛肉に代わりに大豆が入っています。こういうお肉の代わりに大豆を使うヘルシー系のお供ってよくありますね、大豆だからヘルシー志向の方に受けがよいとか。 ごはんにかける餃子もそうでした。

確かに130g入りで500円というお値段。 それりゃ牛肉使ってたらこの値段は無理ですよね。 まぁ〜牛肉が大豆に変わろうと美味しくて、そしてご飯に合えばそれで満足!みんなHAPPY!!

 

かけるすきやき-4

それでは本日は…【ごはんにかける○○シリーズ】静岡県"新丸正"の「かけるすき焼き」をご飯にのせていただきます♪

かけるすきやき-5

販売元の新丸正。どっかで聞いたのことのある会社名やなと思ったら、2016年にヒットしたご飯のお供「鰹節屋がつくった食べるだし」と同じ会社でした。 「鰹節屋がつくった食べるだし」はいろんな番組で紹介されていましたからねぇ。 ご飯のお供ヒット番付があれば、2016年「大関」くらいの大ヒット商品。

 

かけるすきやき-6

製造者 株式会社新丸正
購入場所 AKOMEYA TOKYO 銀座店
金額/内容量 500円(税抜)/130g
評価(5☆満点) ☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント  確かにすきやきの味はする! が、醤油の辛さが強い!結構辛口のご飯のお供。(刺激的な辛口ではなく醤油が辛口ということ)。 そして、牛肉が恋しい。

本物のすき焼き同様、卵(卵黄)を一緒に食べるのがおすすめ。 「鰹節屋がつくった食べるだし」もそうでした、辛い醤油の味がするので卵黄と一緒だとちょうどよい食べやすさです。

 

▼今回紹介した静岡県"新丸正"の「かけるすき焼き」のお取り寄せはこちら↓↓↓

47クラブでもお取り寄せできます!

▼素直に今半の牛肉しぐれ煮を食べればええんちゃう??

今半牛すきやき

江戸っ子が好む粋な味。今半の牛肉すきやき。 価格帯や商品コンセプトが違うので比較対象にするにはちょっとずれるかもですが、やっぱりこれが最強!

 

▼次はどんな「ごはんにかける(のせる)○○シリーズ」に出会えるだろうか?

つぎはなんやろ〜「生姜焼き」や「かつ丼」なんか面白そう。 ぶっとんで「ごはんにかけるハンバーガー」とか「ごはんにかけるピザ」なんてのも出たりして。

基本的にはジミ〜なご飯のお供業界。こういう企画商品がたくさんでてきて盛り上げるとうれしいですね♪

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪

スポンサーリンク




静岡県の関連記事
  • かけるすきやき
    【ごはんにかける○○シリーズ】静岡県"新丸正"の「かけるすき焼き」
  • わさビーフつくだ煮-1
    お菓子メーカー”Yamayoshi”×わさびメーカー"田丸屋本店"「わさビーフつくだ煮」
  • asabiFurikakeっ酢-5
    <すべて新感覚>田丸屋本店の「WasabiFurikakeっ酢」
  • はちみつ肉味噌-0
    【はちみつの優しい甘み】静岡県"長坂養蜂場"の「はちみつ肉味噌」
  • 【じわじわとくる醤油の辛み】静岡県"山上水産"の「かつを角煮 辛口」
  • まぐろ角煮-4
    【美味しくて安心だから…毎日食べたい】静岡県"山上水産"の「まぐろ角煮」
おすすめの記事