しば漬、たくあん、梅干、きゅうりの醤油漬(きゅうりのきゅーちゃん)、白菜の浅漬け、高菜漬…その他多数。
日本に存在する白飯に合うお漬物は数知れず。

しかし、ご飯が進むお漬物は日本だけのお家芸ではない。 お隣の国韓国のキムチ。 そしてさらにお隣中国にはザーサイがあります。
キムチ・ザーサイ、ともに白めしのお供として異論はないでしょう。

本日は「ザーサイ油炒め」を紹介いたします。

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第819号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【中華街の食材卸/小売店】横浜"耀盛號(ようせいごう)"の「ザーサイ油炒め」 です。
耀盛號(ようせいごう)のザーサイ油炒め-1

辛みを効かせた本格ザーサイ。 ビールのおつまみや、中華粥、チャーハンの具にもバッチリ合いますよ!

耀盛號(ようせいごう)のザーサイ油炒め-2

原材料は…ザーサイ、食用植物油脂、食塩、異性化液糖、砂糖、しょうゆ、酵母エキス、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カロチノイド色素、乳酸Ca,(原材料の一部に小麦、ごま、大豆を含む)です。

 

耀盛號(ようせいごう)のザーサイ油炒め-3
なんとも表現しにくいいびつな形、そしてクセになるコリコリ食感。中国13億人のご飯のお供といっても過言ではないでしょう。

中国産のザーサイ漬やザーサイ油炒めを購入するうえで気になるのは、味よりもまず「ちゃんと作られているのか?」
たびたびニュースで話題になる中国の食品問題。食品関係の仕事をしていると「中国産ではないですよね?」と尋ねてくるお客様もたくさんいらっしゃいます。 それくらいイメージがよいとはいえない中国の食品事情。

なにがちゃんと作られてて、何がよくないのか……一般消費者が追及していくには労がかかりますね。

それなら…百貨店で販売している「ザーサイ油炒め」ならまぁ間違いなく良いもの!だと私は思っております。
三越銀座店の食品バイヤーに選ばれた「ザーサイ油炒め」です。(※三越銀座店の地下3階食品売り場で購入しました。)

耀盛號(ようせいごう)のザーサイ油炒め-4

販売元の耀盛號(ようせいごう)は、横浜中華街の食材卸・小売店。 名物のハリネズミまん。 かわいいなぁ。そして安い。

 

よっしゃ!!横浜スタジアムからも近い!! 野球観戦のお供にもええやないの?

 

 

耀盛號(ようせいごう)のザーサイ油炒め-5

販売者 耀盛號
購入場所 三越銀座店 地下3階食品売り場
金額/内容量 320円(税抜)/200g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント ちょうどいい塩梅の油のコッテリ感。 軽快なコリコリ食感。 "ピリ辛"と商品説明に記載されていたが辛さはほぼほぼない。人工的な調味料の味は強くなく、無難に美味しいザーサイ油炒め。 とくにどこが違うというのはないが美味しいです。

さすが一流デパート三越食売り場の棚に並んでいるだけのことはありますわ!!
価格もスーパーで売っているものとさほど変わらない安さ。

▼お取り寄せはこちら↓↓

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪
スポンサーリンク




おすすめの記事