まいどどうも~、日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

近年、健康意識の高まりや環境問題の観点から大豆ミートが注目されています。

ご飯のお供業界でも見かけることが増えました。時代ですね。

ただ、大豆ミートを使ったご飯のお供は、大豆特有の香りがして苦手なものが多いのも事実。一部商品を除いて私は得意ではありません。(個人的感想)

しかし、最近見つけた「発酵の恵み  発酵の恵み  スパイスカリー」は大豆ミートが苦手な私でも食べてみたいという好奇心をそそられる商品。

その理由は…製造元が、あの「よしの味噌」

よしの味噌の詳細については、この記事の最後のほうで紹介しております。ヒット商品を連発しまくる味噌業界では有名なメーカーさん。

そんなよしの味噌が大豆ミートを使ったご飯のお供商品を発売したという情報が!!

どんな商品なのかとても楽しみ!それではさっそくいただきましょう!!

==
本日紹介する通産第1,055号目のご飯のお供はこちら↓↓
【大豆ミートを使った本格カレー】広島県"よしの味噌"の「発酵の恵み  スパイスカリー」です。

辛口黄金比(コリアンダー 8: クミン8 チリペッパー5: ターメリック 1: ガラムマサラ2)の本格スパイスカリーに日本古来の発酵食品「味噌」と「醤油」をブレンド。 辛味の中に旨みとコクを加え、お肉の代わりに大豆ミートを 使った大人のご飯のお供です。パン、カレーうどん、パスタ等 にも! スパイシーで芳醇な味と香りをお楽しみください。

原材料は…みそ (国内製造)、粒状大豆たん 白、醤油、還元水飴、 こめ油、野菜ミックス (ズッキーニ、 パプリカ、玉ねぎ、人参)、 砂糖、発酵調味料、 ソテーオニ オン、トマトペースト、にんにく、レモン果皮、しょうが、 コリアンダー、クミン、チリペッパー、 ガラムマサラ、 ターメリック、 (一部に小麦・大豆を含む)

 

この「発酵の恵みスパイスカリー」のすごいところは、本格的すぎて"ナン"につけても美味しい!!

ご飯にのせて食べたときに、頭にパッと「ひょっとしてこれは、ナンにでも合うでは?」と思いつき、セブンイレブンへダッシュ。

案の定あいました。

 

製造者 よしの味噌株式会社
購入場所 よしの味噌 オンラインショップ
金額/内容量 540円(税込)/130g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント インド料理店で食べるような本格カリー味です!!

香辛料の味と香りがそそる。

大豆ミートを使用していますが、大豆ミート特有の大豆臭もせず食べやすさも◎。

なんでも、この商品開発にあたってスパイスは60種類以上の中から厳選したものを使用しているとのこと。

ほんと、この「発酵の恵みスパイスカリー」とナンさえあれば、なんちゃってインドカレー屋を運営できちゃいそう。やろうかな。

 

▼今回紹介した"よしの味噌"の「発酵の恵み  スパイスカリー」のお取り寄せはこちら↓↓

ほかにも、東京有楽町にある広島のアンテナショップ「TAU」やAMEKAZE(立川)、三浦屋、北野エース(難波パークス)でも取り扱いがあるとのことです。
近くにお立ちよりの際はぜひお試しくださいませ。
▼よしの味噌について

よしの味噌は大正6年創業、今年で105年を迎えました呉市では最古参の味噌蔵元です。
創業以来の古き良きもの、伝統の味を守りながら現代の食スタイルや食意識にマッチした若い世代にも親しまれる商品創りにチャレンジ。
近年は地元広島の特産品「レモン」と自社醸造技術を融合した発酵調味料開発に注力しています。
《レモン・糀・発酵》をテーマとし「美と健康を意識する女性」をターゲットに2013年の「広島れもん鍋」を皮切りに「焼き肉のタレ」、「めんつゆ」、「ドレッシング」、「フルーツソース」などを世に送り出しました。

流行に敏感なグルメ通なら「よしの味噌」のことを知っている方は多いのでは?

上記説明にある「広島れもん鍋」は、マツコの知らない世界のお鍋でも紹介されたことのある大大大ヒット商品!!

ほかにも…これまたマツコの知らない世界のお漬物特集で紹介されたからし高菜など、数々のメディアで紹介されている人気商品が多数。

今回紹介した「発酵の恵み スパイスカリー」は、ヒットメーカーよしの味噌が作る新商品。今年3月に発売されたばかりらしい。

「広島れもん鍋」「辛子高菜」同様、またいろんなメディアで紹介されるんやろなぁ。(期待)

 

 

機会があれば、呉市にあるお店にも行ってみたいですね。

 

ほぼ毎日ご飯のお供情報を発信!!おかわりJAPANのインスタグラム@okawarijapanのフォローもお願いします。

サイナラ~♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事