甘口と辛口どっちが好きですか〜?? カレーの話しじゃないですよ、、、「鮭」の話です。

塩分控えの甘口の鮭か、塩分たっぷりの鮭か…。。。 私はずっと塩っけの少ない甘口の焼き鮭や鮭フレークが好きでした。
しかし、最近になって…「いや、待てよ。鮭は辛口のほうが旨いんちゃうか?」と思えてきました。 そして今日、、、その思いが"確信"に変わりました。

「鮭は辛口!」ということです。 特に今回紹介する「ごちそう 紅鮭<辛口>」は絶品の鮭フレークです。この鮭ほぐしみをおすすめしてくれた魚屋の店長さんも、「<辛口>は人気でほとんど在庫がないんです〜!」っておっしゃってました。やっぱりみんなも辛口好きやんな!!

もう、、、甘口には戻れないですよ、、きっと。

==
それでは本日紹介するおかわりJAPAN 通産第621号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【もう甘口には戻れない!】茨城県"海洋フーズ"の「ごちそう紅鮭 辛口」 です。
ごちそう紅鮭-1

当社いちおしの「ごちそう紅鮭」 原料から製造方法に至るまで、こだわりぬいた逸品です。焼きたて鮭のおいしさを 完全無添加でお届けします。

炊きたてのご飯に載せて、それとも大根とマヨネーズであえてサラダに。 自然のめぐみそのままの、紅鮭本来の味をお楽しみ下さい!

ごちそう紅鮭-2
原材料は…紅鮭(ロシア産)、食塩(海の精)です。

北海道やら新潟県やら、、、それなりの種類の鮭フレークや鮭ほぐし身を食してきましたが「鮭」と「塩」だけの鮭フレークは初めてです!! メーカーさんのこの商品に対する"覚悟"のようなものがひしひしと伝わってきます。

ごちそう紅鮭-3
それでは本日は
【もう甘口には戻れない!】茨城県"海洋フーズ"の「ごちそう紅鮭 辛口」 をご飯にのせて…いただきます♪

 

ごちそう紅鮭-4

漬物や佃煮などジャンルも幅広いご飯のお供ですが、なんだかんだ"鮭"系のご飯のお供が一番好きかもです、私。 安心するというか、安定感があるというか。

 

ごちそう紅鮭-7

製造者 海洋フーズ株式会社
購入場所 塩干の太助 アピタ・名古屋南店
金額/内容量 500円(税抜)/80g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント  少し塩辛いがその辛さでご飯が進むぜ!! やっぱり鮭はこうでなくっちゃ。 ただただ塩辛いだけなく尖った辛さではなく、カドのとれたまろやかな塩辛さ。

もちろん、鮭そのものも美味しい☆

そしてこの美味しさで500円(税抜)は満足感が高いです。

デパートで1,000円前後の瓶詰め鮭をよく見かけますが、、、美味しいが日常に食べることを考えるとちょと高い。毎日食べてほしいご飯のお供こそ、お手頃感もあってほしい。 この商品は味と価格のバランスがいいので毎日毎食の食卓に並んであってほしい鮭ほぐし身です。

▼今回紹介した 茨城県"海洋フーズ"の「ごちそう紅鮭 辛口」をお取り寄せできるサイトを見つけるこでができませんでした。。。

これだけ<辛口>を勧めといてなんですが、<甘口>ならお取り寄せできるようです。↓

▼名古屋にお住いの方は…

塩干の太助 アピタ・名古屋南店 で購入できますよ♪ このお店にきたなら「有明海産 福岡のり(バター風味)」も合わせてどうぞ☆

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪

 

 

おすすめの記事