酒粕入り豚汁レシピ

日本各地の美味しいご飯のお供やご飯に合うおかずを紹介するおかわりJAPANの長船です。

暑い夏が終わったと思ったらいっきに寒い日がやってきましたね。
衣替えもまだ終わっていないというのに…秋はどこへいった?

気温はそれほど低くはないです突然気温が下がるので体感的に寒く感じますよね。
そんなときはほっかほかの酒粕入りの豚汁を食べて体を芯から温めませんか?

通常の豚汁でも十分に美味しくて体も温まりますが、酒粕を入れることで香りが増し体の底から温まる感じがします。
「酒粕を使うの難しそう~。」
私もそう思っておりましたが、いつもの豚汁に酒粕を入れるだけです。
具材をたっぷり入れれば、副菜ではなく立派なメインディッシュになるのが豚汁です。

大椀に具だくさんの豚汁、あとご飯とお漬物があれば豪華な食事ではありませんか!!
(ご飯を雑穀米にして健康面も安心。)

今回も料理人の桑折氏にレシピを考えてもらいました。
プロの料理人が教える家庭でも簡単に作れる「酒粕入り豚汁」レシピです。
おおざっぱにいえば、具材を切って鍋に放り込んで煮込んで、酒粕と味噌を入れて完成。以上です。

これで十分に美味しく作れますが、もっと詳しくレシピをご紹介します。 まずは動画をどうぞ!↓

 

さらに詳しくはこちら↓

【1】材料
豚ロース肉…75g
大根…100g
人参…30g
油揚げ…25g
しめじ…70g
まいたけ…50g
ごぼう…75g

酒粕…100g
みそ…100g
本だし…7g
水…400ml
ごま油…適量
塩・こしょう…少々

【2】作り方
(1).豚ロース肉、大根、人参、油揚げはさいの目切りにする。 しめじとまいたけと石づきを切り落としてから手で割いていく。
ごぼうは皮をむかずに適当な大きさに切る。(皮をむかないことでよりごぼうの香り楽しめます。)
(2).お鍋にごま油をひいて(1)の具材を塩・コショウでさっと炒める。
(3).(2)に水と本だしを入れて煮込む。
(4).煮込んでいる最中、煮汁で酒粕を溶かしておく。
(5).具材にしっかり火が通ったら弱火にして(4)の酒粕と味噌をいれてゆっくりかきまぜる。

以上で完成です。簡単です。

【3】感想
● 酒粕のふわっとした香りと甘み、寒くなるこれからにもってこいの汁物。(桑折)
●野菜とお肉もたっぷり満足のかす汁!!これとおにぎりさえあれば幸せになれます。(長船)
●たっぷり作って、翌日はうどんを入れても美味しいですよ。

以上、 体が芯からほっかほかになる|酒粕入りとん汁レシピ でした!!

 

スポンサーリンク




おすすめの記事