私が初めてプロデュースした肉味噌「ごはんにのせるとん汁」はもう召し上がりましたか?   ただいま絶賛「ごはんにのせるとん汁」をゴリ推し中ですが、、、本日は明太子・高菜漬けやぬか炊きなど美味しいお供が豊富なグルメ大国”福岡”の美味しい肉味噌を紹介したいと思います。

ごはんにのせるとん汁」は豚肉ですが、今回は鶏肉です。 古処鶏という福岡県・熊本県・大分県で生産されている地鶏を使った鶏肉味噌です。いや〜この肉味噌も間違いなく美味しいでしょうね。 「ごはんにのせるとん汁」と比べものにならないくらい美味しかったらどうしようかと戦々恐々震えながらいただきます。

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第773号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【ゆず風味と甘み】福岡県"天野商店"の「古処鶏 とり味噌 ゆず」 です。

特別な日、頑張った日のご褒美や贈答の機会に……というだけでなく、ご家庭の食卓や台所に毎日あって、みなさまの食生活に寄り添う商品をお届けしたいという気持ちから『鶏飼う人』のとり味噌シリーズは誕生しました。毎日の麺類やお野菜、お弁当に活用していただけるとり味噌は、プレーンと辛口、そして地元九州らしいゆず味の3種類。お好みに合わせて日々のお料理にお使いください。

 

原材料は…鶏肉(九州産)/味噌(米/豆/麦)/上白糖/米発酵調味料/ゆずペースト/本醸造醤油、にんにく/生姜/こんぶエキス/かつおエキス/調味料(アミノ酸等)/香辛料/甘味料(ステビア・甘草)/増粘剤(キサンタン)/V.B2(原材料の一部に小麦、大豆を含む)です。

 

鶏肉専門店が作った肉味噌だけあって、やはりメインは味噌ではなく鶏肉。肉好きには嬉しいお肉のゴロゴロ感。

あとはベースとなるお味噌に注目してみよう。 九州のおかず味噌は麦味噌を使った甘めものが多いがこの鶏味噌は米・豆・麦味噌のブレンド味噌でしょうか。 見た目は赤いので赤みそが強いのかな。

 


それでは本日は…【ゆず風味と甘み】福岡県"天野商店"の「古処鶏 とり味噌 ゆず」をご飯にのせて…いただきます♪

 

 

製造者 株式会社天野商店
購入場所 知人からのいただきもの。
金額/内容量 680円(税込)/140g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント  コクのある味噌をまとわったゴロゴロ鶏肉がご飯に合わないわけがない。 鶏肉は多少硬めだが味噌との相性を考えると少し硬さがあったほうがよい。 お味噌は甘口であと味でほんのりと柚子風味。ゆず味噌という味噌にゆずが入ったおかず味噌あるようにお味噌と柚子の相性はばっちり。 おかず味噌の風味をワンランクアップしてくれています。

▼今回紹介した福岡県"天野商店"の「古処鶏 とり味噌 ゆず」のお取り寄せはこちら↓↓↓
【天野商店 オンラインショップ】

 

手前みそですが…私がプロデュースした「ごはんにのせるとん汁」もよければ…。

ご飯のお供選びに絶望したら…

「1口・2口は美味しかったけれども、結局すべて食べ切れずに捨ててしまった…。」
これ、ご飯のお供あるあるですよね。
私自身も何度も経験しています。 もったいないとわかっていても食べきれない。
味が濃いめに作られているご飯のお供は、味の趣向が合わなければ食べきるのに苦労します。

1,500種類以上のご飯のお供を食べ、「ヒルナンデス」「ポップUP!」「めざましテレビ」など、数々のテレビ番組でご飯のお供専門家として出演するおかわりJAPANがセレクトしたご飯のお供を取り扱うECサイト。  

さまざまな種類のご飯のお供を食べ、いろんな人に紹介してきたからこそわかる「絶対に外さないご飯のお供」。 ご飯のお供を通じて、家族みんなを笑顔にするご飯のお供の専門店です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事