どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

地域に代々伝わる味噌と、ご当地食材を合わせて作るおかず味噌。

みんな大好きですよね~。そもそもおかず味噌好きでなければこのブログには来ていないはず。

 

おかず味噌大きくわけて2つの分類があります。

①味噌が多めで炒め物などの調味料としても使える「調味料系おかず味噌」

②味噌よりも具材が多くゴロゴロ感あり。おかずに近い「具材ゴロゴロ系おかず味噌」

どちらもご飯に合うことは間違いないですが、個人的には②のほうが好きです。

今回紹介したいおかず味噌はおかわりJAPAN史上最高に具材がゴロゴロのおかず味噌。

「のっけるポークステーキ味噌」という商品名からして、どれだけ具材が入っているのかワクワクしちゃいませんか!?

==
本日紹介する通産第986号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【Maximumゴロゴロ感】秋田県"河辺農産加工組合"「ポークステーキ味噌(プレーン)」 です。

のっけるポークステーキ味噌

秋田産ブランド豚の肩ロースとモモ肉を使用した肉みそです。
ごはんにのっけて、サラダに合わせてと幅広い用途お勧めです。

 

のっけるポークステーキ味噌

原材料は…豚肉(秋田県産)、味噌(秋田県産)、日本酒、砂糖、にんにく、生姜、ニラ、ネギ、ごま油、醤油、カツオ粉末(原材料の一部に大豆を含む)です。

 

のっけるポークステーキ味噌

天狗味噌、、、初めて聞きます。 秋田県産の天然醸造のお味噌と、秋田県のブランド大張野豚のコラボご飯のお供。

1瓶1000円、おかず味噌というジャンルの中では高価な部類に入ります。お味噌と具材にこだわりがあってこそのこのお値段。

 

のっけるポークステーキ味噌

おわかりいただけるだろうか、この肉肉しさ。

お味噌に埋もれてわかりにくいかもしれないが、大きめにカットされたポークステーキがゴロゴロ!!

封をあける前は…

のっけるポークステーキ味噌だと?どうせ、メディアの受け狙いの商品名でしょ!?

と疑ってましたが、スプーンですくあげるとポークステーキがたっぷり入っているんですよ、瓶の中。

「のっけるポークステーキ味噌」の商品名に嘘・偽りはなしです!!

 

のっけるポークステーキ味噌

 

製造者 農事組合法人 河辺農産加工組合
購入場所 AKOMEYA TOKYO 丸の内ビルディング店
金額/内容量 1,000円(税抜)/140g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 具材感は文句なしで満点!!数々のおかず味噌を食べてきましたが、おかず味噌でNO,1の具材感ですね。

Maximumゴロゴロ感! 1,000円という価格も納得の具材感。

そりゃ~ブランド豚をこれだけ贅沢に使用していたらおかず味噌とはいえ1,000円しますわ。

ただ、味付けがちょっと私の想像していたのと違った。

酸味が少し強く感じました。調味料の日本酒かな?それとも具材のねぎやニラなのか?

 

▼今回紹介した「ポークステーキ味噌(プレーン)」のお取り寄せはこちら↓↓

 

 

 

おかず味噌好きの方へ…こちらも必見です。日本各地の特色あるおかず味噌を食べ比べてみてください↓

 

▼ポジティブにご飯食を食べてほしいという想いを込めて作りました「ごはんがおいしい雑穀米」(PR)

美味しいご飯のお供を受け止めるご飯には、おかわりJAPANが企画販売している「ごはんがおいしい雑穀米」がおすすめ。

雑穀米は食物繊維やミネラルなど、現代人の食生活では不足しがちな栄養を補えます。プチプチの食感を大事にして冷えても美味しいのでお弁当に最適です。

こちらの雑穀米を販売しているオンラインストアを2020年8月20日にオープンしました。

美味しく食べてさらに健康でいたい。

そんな方におすすめの雑穀米です。ぜひこの機会にご賞味ください。

 

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。

ほな、サイナラ~♪

 

おすすめの記事