冷や汁レシピ

まいどどうも~、
日本各地の美味しいご飯のお供やご飯が進むおかずレシピを紹介するおかわりJAPANの長船(@OKAWARIJAPAN)です。

8月も残すところ数日。

東京は2・3日ほど涼しい日がありこのまま秋に突入か?と淡い期待を抱きましたが、まだまだ暑い日が続いております。

西日本は関東よりももっともっと暑い日が続いていますね。ほんと、体調管理だけは気をつけてください。

これだけ暑い日が続けば食欲が落ちるのもそうですが、そもそも台所にたって調理するのも億劫ですよね。
今回はまだまだ出口が見えない酷暑を乗り越えるための「冷汁」レシピをご紹介します。

冷汁といえば、宮崎県でおなじみの郷土料理。
焼きほぐした鯵などをいれるのが一般的なようですが、
おかわりJAPAN流冷汁は「さばの水煮缶詰」を使うことで火を一切使わないで作ることができます。
野菜を切って、あとは混ぜるだけ!!

レシピを教えてくれたのは赤坂の料亭で修行経験をもつプロの料理人桑折氏です。

それではどうぞ~

【1】材料

●サバ缶(水煮)…1缶
●きゅうり…1/2本
●みょうが…1本
●大 葉…3枚
●木綿豆腐…1/2丁
●すりごま…20g
● 水 …350cc
●本だし…10g
●味 噌…50g
●砂 糖…10g
●塩 …少々

【2】作り方(2人前)
(1).みょうがを輪切り、大葉を千切り、きゅうりを小口切りにする。
(2).ボールに、水・本だし・味噌・砂糖・塩をいれて混ぜる。
(3).(2)に木綿豆腐・サバ缶(水煮)をいれて崩しつつ混ぜる。
(4).(3)に(1)の野菜とすりごまを入れて混ぜる。
(5).(4)にラップをして冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
(6).器に注いで完成。

▼さらに詳しい作り方を動画にて紹介しております。↓

【3】感想
●今回使った野菜以外にも、プチトマトやオクラなんか入れても美味しいですよ~!!(桑折)
●冷や汁の中にご飯をぶっこんでもOK!!それだけで立派な食事になっちゃいます!

▼鯖の水煮缶↓↓

■冷や汁と一緒に「ごはんがおいしい雑穀米」はいかがですか?(PR)

こちらの冷や汁、具沢山なので冷や汁のみで立派なおかずになりえます。

冷や汁を受け止めるご飯にはおかわりJAPANが企画販売している「ごはんがおいしい雑穀米」がおすすめ。

食物繊維やミネラルなど、現代人の食生活では不足しがちな栄養を補える雑穀米。

プチプチもちもち食感が、汁ものの冷や汁と相性抜群です。

 

こちらの雑穀米を販売しているオンラインストアを2020年8月20日にオープンしました。

オープン記念で通常1,000円(税込・送料込)を800円(税込・送料込)で販売しております。(2割引きですよ~。)

美味しく食べてさらに健康でいたい。

そんな方におすすめの雑穀米です。ぜひこの機会にご賞味ください。

 

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。

ほな、サイナラ~♪

 

おすすめの記事