まいど、どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPANの長船です。

すごいネーミングの塩辛に出会いました「王様の塩辛」です。

英語で書くと

<KIng's Shiokara>

です。

ご飯のお供マニアの購入意欲をグサッと貫くネーミング。 これは即購入!!

==
本日紹介する通産第1,005号目のご飯のお供はこちら↓↓
【ネーミングが気になり購入】神奈川県"魚商 小田原六左衛門"の「王様塩辛」です。
王様塩辛-1

料亭等で刺身料理などに使用される別名いかの王様といわれる “あおりいか” を使い、独自製法によって刺身のような弾力・舌触りを実現した塩辛です。刺身の肝和えのような食感で、塩辛に抵抗がある方でも美味しく頂けます。

 

王様塩辛-2

原材料は…あおりいか(インド、スリランカ、タイ)、いか肝臓、還元水飴、発酵調味料、醤油、たん白加水分解物、食塩、レモン果汁、砂糖、オイスターソース、昆布だし/調味料(アミノ酸等)、酒精、酸味料、増粘多糖類、(一部に小麦・大豆・いかを含む)です。

王様塩辛-3

 

王様塩辛-4

 

王様塩辛-5

 

製造者 株式会社アバロンフーズ
購入場所 魚商 小田原六左衛門 オンラインストア
金額/内容量 800円(税抜)/100g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント するめいかの塩辛よりも身がしっかりしているシコシコ感がありますね~。

まろやかな塩辛さで食べやすい部類の塩辛ではないでしょうか。

ただ、<王様>というネーミングから期待のハードルが上がっていた。

そのハードルを越える圧倒的な美味しさがあるかと言われればそこまでではない。

食べやすくて良いいかの塩辛であることは間違いない。

▼今回紹介した"魚商 小田原六左衛門"の「王様塩辛」のお取り寄せはこちら↓↓

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ~♪♪
家族のためにベストなご飯のお供を!

「1口・2口は美味しかったけれども、結局すべて食べ切れずに捨ててしまった…。」
これ、ご飯のお供あるあるですよね。
私自身も何度も経験しています。 もったいないとわかっていても食べきれない。
味が濃いめに作られているご飯のお供は、味の趣向が合わなければ食べきるのに苦労します。

1,500種類以上のご飯のお供を食べ、「ヒルナンデス」「ポップUP!」「めざましテレビ」など、数々のテレビ番組でご飯のお供専門家として出演するおかわりJAPANがセレクトしたご飯のお供を取り扱うECサイト。  

さまざまな種類のご飯のお供を食べ、いろんな人に紹介してきたからこそわかる「絶対に外さないご飯のお供」。 ご飯のお供を通じて、家族みんなを笑顔にするご飯のお供の専門店です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事