白いご飯は大好きですが、お米の銘柄には特にこだわりないがおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)です。
そんなお米に関して疎い私でもパッと思い浮かぶお米の銘柄といえば…「魚沼産コシヒカリ」!!

潜在的に「新潟県魚沼」=「お米がうまい!」というイメージが頭の中に刷り込まれています。
そんなお米の美味しい魚沼の伝統食である「えりんぎのきんぴら」を今日はいただきます。

日本有数の米どころのご飯のお供ですから、ご飯に合うことは間違いないでしょう。

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第477号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【"魚沼"という響きだけでご飯に合いそう】新潟県”魚沼や”の「えりんぎのきんぴら」です!
えりんぎのきんぴら-1

豊かな自然に恵まれた、日本有数の豪雪地、越後魚沼。
この地方で昔から食べられている伝統食をそのままお届けするのが「魚沼や」の肴です。

 

えりんぎのきんぴら-2
原材料は…
えりんぎ、醤油(大豆、小麦を含む)、サラダ油、上白糖、ごま、鰹節エキス、鷹の爪
です。

IMGP1661-0
日ごろからエリンギは重宝しております。 大した調理をぜずに美味しく食べられるので。
包丁を使わず手でさいて、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼いて、あとは鰹節と醤油をかけて完成。最高の酒の肴です。
あとはバターで炒めても美味しいですよね~。 そして価格もお手頃でなんとも使いがってのよい食材です。

そんなエリンギの「きんぴら」。おかわりをちゃんと制御できるか心配になるレベルです。

 

えりんぎのきんぴら-4
それでは本日は…
【"魚沼"という響きだけでご飯に合いそう】新潟県”魚沼や”の「えりんぎのきんぴら」
です!

 

えりんぎのきんぴら-5
エリンギを使ったご飯のお供というのも珍しいですね。
きのこ系のご飯のお供は「しいたけ」や「なめたけ」を使ったものが多いので。

えりんぎのきんぴら-6

製造者 ㈲魚沼新潟物産
購入場所 日本のご馳走えん 新丸ビル店
金額/内容量 470円(税抜)/150g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント エリンギ独特の食感と甘みを活かしつつ、甘辛い味付けが美味しいです。

余計な味付けがされていない素朴な味わいのご飯のお供です。
魚沼産のコシヒカと一緒にぜひ食べてみたい。

※今回紹介した 新潟県”魚沼や”の「えりんぎのきんぴら」をオンライン上で購入できるお店を見つけることができませんでした。

 

▼東京駅地下直結 日本のご馳走えん 新丸ビル店」 で購入できます。
えん新丸ビル店
いや~また素敵なお店を見つけてしまいました。東京駅地下直結 新丸ビルに入っている「日本のご馳走えん」です。
「日本のご馳走えん」のお茶漬け屋さんはよくデパートに入っているので存じあげておりましたが、このような「和」の食を取り扱ったセレクトショップを運営されているのは初めて知りました。
日本中からこだわりの美味しいものが集められていて、どれもこれも食べてみたいものばかり!!

新丸ビルという立地もいいですね。新幹線の乗り場からはちょっと離れていますが、屋外にでず地下を通ってそのままいけちゃいます。
首都圏在住の方はもちろん、東京へ観光や出張で来られた方にもご利用いただけます。

私も職場から近いので、これからちょくちょく利用させていただこうと思います。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ~♪

 

 

 

おすすめの記事