どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

今回紹介する「やみつき黄金ラー油」との出会いは昨年10月末くらいに遡ります。

ゴールデンタイムに放送されている全国区のテレビ番組「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」に出演したことがきっかけでした。

ゴールデンタイムの全国放送ということも多くの方におかわりJAPANを知っていただきたくさんの反響をいただきました。

そのタイミングで

「福岡県のやみつき黄金ラー油が美味しいですよ~」

というメールをいただきました。

商品名だけ聞くととても美味しそう。

さっそく「やみつき黄金ラー油」でググってみましたが、ちゃんとした情報がなかなかでてこない。

よくよく聞いてみるとメールをくれた方は福岡県久留米市の女性で、

こちらの商品をお一人で商品企画・製造・販売されている商品とのこと。

 

全国放送に出演したご飯のお供マスターにいきなりメールを送ってくるとはよほどの自信があるのですね!

ということで、やみつき黄金ラー油を熱々のごはんにのせていただきした。

==
本日紹介する通産第1,002号目のご飯のお供はこちら↓↓
【旨辛の秘訣は黄色の唐辛子】福岡県"さくらコーポレーション"の「やみつき黄金ラー油」です。

やみつき黄金ラー油-1

【商品概要】

福岡県久留米市のさくらコーポレーションの「やみつき黄金ラー油」です。本場上海の家庭料理をアレンジして作った、手作りの食べるラー油。久留米市に在住の女性の方が一人で商品開発・製造されている商品。

旨辛の秘訣は黄色の唐辛子をたっぷり使用し、丁寧に刻むことだそうです。また海老・イカ・松の実等もたっぷり入っているので海鮮の旨味、食感も良し。

 

やみつき黄金ラー油-2

原材料は…食用菜種油(国内)、食用ごま油、フライドオニオン、フライドガーリック、砂糖、ごま、すりごま/調味料 アミノ酸等、甘味料、食塩/干し海老、松の実、切りイカ(一部にエビ、小麦、ごま、大豆を含む)塩、コチュジャン/みそ、砂糖、水アメ、発酵調味料、唐辛子、食塩、米粉、にんにく、魚醤(魚介類)、大豆粉/ソルビット、調味料、アミノ酸、パプリカ色素 です。

 

やみつき黄金ラー油-3
香りからすでに旨辛!!

商品開発したきっかけは、貿易の仕事で上海へ行っていたときのこと。

食欲が落ちる夏場でももりもりご飯が進むレシピとして教わったそうです。ちょうどそのときに日本では桃屋の食べるラー油が大ヒット。

そのレシピを持って帰ってきて日本で一人で製造を始めたそうです。

 

やみつき黄金ラー油-5

 

やみつき黄金ラー油-6

 

製造者 さくらコーポレーション
購入場所 いただきもの
金額/内容量 1,100円(税込)/130g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント これは本格派の食べるラー油です。

一口目…甘口かなぁ~と思っていたらあとからじわじわと辛味が沸いてきます。 ただ刺激的な辛さではなく"旨辛"なので辛くても箸を進める手は止まりません。

具材はエビ・いか・松の美などの旨味が強く食感が豊なものがたっぷり。

最近の食べるラー油系のご飯のお供は「鶏肉ゴロゴロ」とか「牛タンゴロゴロ」みたいな具材が主役のものを見ることが多いが、この「やみつき黄金ラー油」はトータルでバランスの良い王道の食べるラー油って感じですね。

ぜひ、機会があれば一度ご賞味ください。

▼今回紹介した「やみつき黄金ラー油」をおとりよせはこちら(2021年5月13日ころにオンラインストアオープン)↓

 

▼「やみつき黄金ラー油」を使ったアレンジレシピをヤフークリエイターズプログラムで紹介しています。

ピリ辛さが食欲をそそる!!
「やみつき黄金ラー油」は本場上海の家庭料理の味をアレンジした商品開発されたなので、中華料理のアレンジレシピにぴったりの食べるラー油です。
そのまま食べると辛みだけでなく海鮮の旨味もしっかりあります。熱々の白米にのせて、お召し上がりください。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。

ほな、サイナラ~♪

おすすめの記事