まいどどうも~、日本各地の美味しいご飯のお供やお米を使ったレシピを紹介するおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPN)の長船です。

カルボナーラ風炊き込み

みなさまはいい感じに"手抜き"できてますか?
料理は毎日のこと、毎日毎食全力で頑張っていたら月・火・水曜日くらいでバテませんか?

手抜きすぎるのもよくありませんが、ほどほどの手抜きは必要です。
ほどほどの手抜き料理におすすめなのが炊飯器を使った炊き込みレシピ。

炊飯器の内側に研いだお米と具材と調味料をいれてあとはボタンを押すだけでメイン料理の完成。
こんな美味しくておなかいっぱいになれて簡単な料理ってほかにありますか?

テレビやウェブメディアではさまざな創作炊き込みご飯レシピが紹介されていますが、
とくによく見かけるのがカルボナーラ風炊き込みご飯!!

カルボナーラ?炊き込みご飯?
と頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになりそうな炊き込みご飯。

カルボナーラといえばチーズと生クリームたっぷりパスタ。
あの濃厚な味わいのパスタの味を炊き込みご飯として再現できるらしい!

ということでおかわりJAPANでもカルボナーラ風炊き込みご飯を作ってみました。
レシピを考えてくれたの赤坂の料亭で修行経験を持つプロの料理人桑折氏です。

とくに特別な調味料は不要で、家庭にある調味料でできちゃいます!!

【1】材料(2人前)
カルボナーラ風炊き込みの材料

お米…2合
ベーコン…40g
ニンジン…50g
コンソメ…2g
昆布茶…2g
チーズ…50g
卵…1個
バター…15g
塩…3g
黒コショウ…2g
牛乳…2合炊き分

【2】作り方
(1).ベーコンとにんじんはさいの目切りにしておく。
(2).炊飯器の内釜に、研いだお米、(1)の材料、塩・コンソメ・昆布茶・牛乳をいれて、通常モードで炊く。
(3).炊いている間に、卵をかき混ぜながら焼く。
(4).炊き上がったら、チーズ、バター、黒コショウ、(3)をいれてよくかき混ぜて完成。

よろしければ、動画もご参照くださいまえ。

 

 

【3】感想
(1).生クリームがあれば、牛乳の代わりに生クリームと水でも作れます。
お子様が召し上がる場合は黒コショウを少なめにしてください。(桑折)
(2).まさに味はカルボナーラ!!とろりと溶けるチーズがごはんに絡まりうまい。
ベーコンはダシがでますし、黒コショウの辛さもよいアクセントに。
牛乳でご飯を炊いてく生臭さはありません。
チーズ好きなら一度は試してほしい炊き込みご飯レシピです!!(長船)

 

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ~♪

家族のためにベストなご飯のお供を!

「1口・2口は美味しかったけれども、結局すべて食べ切れずに捨ててしまった…。」
これ、ご飯のお供あるあるですよね。
私自身も何度も経験しています。 もったいないとわかっていても食べきれない。
味が濃いめに作られているご飯のお供は、味の趣向が合わなければ食べきるのに苦労します。

1,500種類以上のご飯のお供を食べ、「ヒルナンデス」「ポップUP!」「めざましテレビ」など、数々のテレビ番組でご飯のお供専門家として出演するおかわりJAPANがセレクトしたご飯のお供を取り扱うECサイト。  

さまざまな種類のご飯のお供を食べ、いろんな人に紹介してきたからこそわかる「絶対に外さないご飯のお供」。 ご飯のお供を通じて、家族みんなを笑顔にするご飯のお供の専門店です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事