まいどどうも~

日本各地の美味しいご飯のお供を紹介する

おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

ついに

ついに食べることができました!!

コロナ禍になりお取り寄せグルメが加熱していたここ数年。

数々のお取り寄せ商品が誕生しました。

そのお取り寄せグルメ戦国時代の中で

注目を集める話題のおとりよせグルメがあります、それは今回紹介する瓶ドン。

 

おうちに居ながら、海の幸豊富な岩手県宮古市の海鮮丼が楽しめる。

それだけならほかにも商品はたくさんあります。

瓶ドンが大ヒットした理由は

海鮮をなんと牛乳瓶に!!

牛乳瓶の中には、彩り豊かな魚介類が層になっているのがわかります。

パッケージがSNS映えする。

さらにご飯にのせても映える!!

 

もともと岩手県宮古市の現地のみで

提供されていたご当地丼を

冷凍にしてお取り寄せ商品に。

 

「瓶ドンを初めて知った」という方は必見です!!

==
本日紹介する通産第1,100号目のご飯のお供はこちら↓↓
【メディアでも話題!映えるご飯のお供】岩手県"川秀"の「瓶ドン ウニ」です。

 

岩手県沿岸では獲れたてのウニを殺菌処理した海水と一緒に牛乳瓶に詰めて保存するのが一般的。この「瓶ウニ」をヒントに考案されたのが「瓶ドン」です。「瓶に詰まった“宮古の恵み“を、ほかほかのご飯にまるごとかけて」をコンセプトとし、牛乳瓶に入った宮古の旬の食材を存分に感じて頂けるご当地丼です。

 

 

原材料は…めかぶ(三陸産)、蒸しウニ(ウニ(岩手県産))、醤油漬けいくら(鮭卵(国産))、水あめ、醤油、その他)、水あめ、アミノ酸液、清酒、醤油、カツオエキス、たん白加水分解物、酵母エキス/酸味料、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、(一部に小麦・大豆・いくらを含む)です。

 

冷凍便で商品が届きます。

届いたら冷凍庫で保存しておいて、食べる3時間前くらいに冷蔵庫に移して自然解凍。

あとは熱々のご飯を準備。

瓶からズルっとご飯のうえにのせるだけ。

それだけで彩り豊かな海鮮丼の出来上がり♪

 

 

製造者 株式会社川秀
購入場所 川秀オンラインショップ
金額/内容量 3,500円(税込)/ウニ・イカ・タコの3本セット
一言コメント ウニ・いくら・めがぶには薄くダシの味が染み込んでいてそのままで美味しい!!

素材そのままの海鮮丼だと醤油をかける必要がありますが、

この瓶ドンは味付けされているので醤油は不要。

ウニもいくらも生臭さもなくとても美味しい!

魚介類の素材を生かしつつも、ご飯が進むちょうどよい塩梅。

 

まぁ~私は、この瓶ドンが食べる前から美味しいであることは予想してました。

というのも製造元の川秀。

瓶ドンを発売する前から

川秀のぶっかけ海鮮丼という個食袋に入った海鮮丼の商品があり

以前食べたときの美味しかった記憶がしっかり残っております。

なのでこの瓶ドンも見映えだけの商品ではなく

中味もしっかり作り込まれた美味しいものだと知っていました。

少し贅沢なおうちご飯に。

ぜひ一度ご賞味ください。

 

▼ 今回紹介した"川秀"の「瓶ドン ウニ」のお取り寄せはこちら↓↓

 

▼ほかに種類があります!!

今回、「ウニ」・「イカ」・「タコ」の3種類をお取り寄せしました。

ほかには、

「あわび」・「サーモン」さらには「毛ガニ」もあるらしい。

予算が許すのなら、懐事情を気にせずに全種類制覇したいですね!!

どれも美味しいこと間違いないでしょう。

安心・信頼の川秀ブランド!!

 

一言コメントで紹介した「川秀のぶっかけ丼」については下記のレビューをご参照ください。

 

 

ほぼ毎日ご飯のお供情報を発信!!おかわりJAPANのインスタグラム@okawarijapanのフォローもお願いします。

ほな、サイナラ~♪

ご飯のお供選びに絶望したら…

「1口・2口は美味しかったけれども、結局すべて食べ切れずに捨ててしまった…。」
これ、ご飯のお供あるあるですよね。
私自身も何度も経験しています。 もったいないとわかっていても食べきれない。
味が濃いめに作られているご飯のお供は、味の趣向が合わなければ食べきるのに苦労します。

1,500種類以上のご飯のお供を食べ、「ヒルナンデス」「ポップUP!」「めざましテレビ」など、数々のテレビ番組でご飯のお供専門家として出演するおかわりJAPANがセレクトしたご飯のお供を取り扱うECサイト。  

さまざまな種類のご飯のお供を食べ、いろんな人に紹介してきたからこそわかる「絶対に外さないご飯のお供」。 ご飯のお供を通じて、家族みんなを笑顔にするご飯のお供の専門店です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事