ご飯のお供を食べて腸活をしているおかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)です。

腸内環境を整るのに必要な乳酸菌。 お漬物やキムチなどの発酵食品には乳酸菌が含まれているので、ご飯のお供を食べることは腸活につながります。

しかし、気をつけていただきたいのはスーパーで売っている「キムチ」には発酵していないキムチがあります。 調味液で漬けただけの「キムチ風お漬物」。 決して調味液で味を調えた「キムチ風お漬物」が悪いといくことではありません。手間をかけずに作れるので「キムチ風お漬物」はお値段もお手頃で、われわれ庶民の味方です。

ですが、たまにはちゃんと発酵したキムチも食べていただきたい。 今回はスーパーマーケットで売っていた「発酵キムチ」。
わざわざ専門店に行かなくても買える手軽さ。

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第872号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【本場韓国の乳酸発酵】川崎市三輝の「白菜キムチ」 です。
白菜キムチ-2

25年間変わらぬ味を守ってきた当社自慢の一品。
唐辛子の甘みが少なく甘みとコクがある最上級の物を使用。

 

白菜キムチ-3

原材料は…白菜、漬け原材料[唐辛子粉、玉ねぎ、にんにく、魚醤(イワシの塩辛)、食塩、砂糖、長ねぎ、もち米粉、しょうが]、調味料(アミノ酸)です。

 

白菜キムチ-5

これこれ、発酵キムチの素「ヤンニョン」。 キムチの美味しさの素☆

 

白菜キムチ-6

時間の経過とともに味の変化を楽しめるのも発酵食品の魅了のひとつ。
購入してすぐ食べた時にはあっさりしすぎていて、味に物足りなさを感じていても時間がたつにつれてコクや酸味が増す。

私はたくあん漬(糠だけで漬けたもの)やすぐき漬は賞味期限ギリギリ、、、場合によってはあえて賞味期限が切れさせて酸っぱくなってから食べることも。(真似しないでね。)

あなた自信の食べ頃を探してください。

白菜キムチ-6

輸入車 株式会社三輝
購入場所 赤札堂(スーパーマーケット)
金額/内容量 約300円(税抜)/300g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 初日に開封後食べたときと1週間後に食べたときを比較するとやはり酸味が少し増して味わいが深くなっている。

値段は300g入りで300円ちょっと。 大手食品メーカーが出しているものとさほど値段も変わらない。

味よし、コスパよし。 つねに冷蔵庫に常備しておきたいキムチにぴったり。

ただ少しにんにくいの香りが強いのでデート前に食べるのは要注意!!

 

▼今回紹介した【本場韓国の乳酸発酵】川崎市 三輝の「白菜キムチ」のお取り寄せはこちら↓↓

私は近所にあるスーパーマーケットで購入したので、関東にお住まいの方ならお近くのスーパーで購入できるかも。

 

▼ご飯が進む「創作キムチ」をまとめはこちら↓↓
定番の白菜・大根・きゅうり以外にもイカやタコなどの魚介類のキムチ漬や、その地域のご当地食材をキムチ漬にしたものなどキムチ好きのための創作キムチまとめを作成しました。 美味しくて変わり種のキムチを欲しているあなたに読んでいただきたい。
==
それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪
スポンサーリンク




おすすめの記事