まいどどうも♪

日本各地の美味しいご飯のお供をお取り寄せして紹介するおかわりJAPANです。

本日紹介するおかわりJAPAN 通産第391号目のご飯のお供はこちら↓↓↓

【硬派で本格派っぽいパッケージに惹かれて購入】宮城県気仙沼市”大菊”の「炭火手焼き ふりかけ」 です!

大菊炭火手焼ふりかけ -1

ほかほかのご飯にささっとふりかける。
しょうゆベースの調味液と丁寧な炭火焼き作業で褐色に色づいた鰹節、鯖節と白米のコントラストが食欲をそそります。
気仙沼市民はもとより、通信販売や口コミで首都圏にもファンが多い《気仙沼の味》です。
材料はかつお、さば節の他、のりとゴマ。カリッと焼き上げられたふりかけが、温かいご飯の湯気で、程よいしっとり感をまとう。口の中に運ぶと、香ばしさと甘じょっぱさが広がります。

 

大菊炭火手焼ふりかけ -3

原材料は…

さば削節、かつを削節、胡麻、海苔、醤油、砂糖、調味料(アミノ酸等)、食塩、みりん、乳糖、ステビア(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

 

大菊炭火手焼ふりかけ -4

それでは本日は

【硬派で本格派っぽいパッケージに惹かれて購入】宮城県気仙沼市”大菊”の「炭火手焼き ふりかけ」

をご飯にふりかけ…いただきま~す!

 

大菊炭火手焼ふりかけ -5

昨今スーパーや専門店に行けば、似たような商品がごまんとあります。

その中でメーカーや販売者は消費者の目を引くために

商品名やパッケージをユニークなものにしたり、フレーバーを変えてみたりと…いろんな努力されています。

(特にご飯のお供は シャレの効いた商品名が結構あるw)

 

そんな世の流れの中であえて直球勝負の商品名・パッケージが印象的だった今回の「炭火手焼き ふりかけ」。

 

「私不器用ですからふりかけ作り以外、何もできまへんねん」とパッケージの職人が今にも語りかけてきそう。

 

 

大菊炭火手焼ふりかけ -6

このふりかけの特徴は「さば節」が入っていることですね!

鰹節、さば節、胡麻、海苔。

乾燥ふりかけの王道ですね、これは。

 

大菊炭火手焼ふりかけ -7

 

製造者 株式会社 大菊
購入場所 宮城ふるさとプラザ(宮城県のアンテナショップ)
金額/内容量 250円/28g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 印象に残るような華やかな味ではないですが、

昔ながらの懐かしいふりかけ。 またサバ節&かつお節の風味とパリパリ感が白いご飯に合う☆

 

一つこちらのメーカーにリスエストしたい!ずばり「ジップロック」を付けてほしい。

乾燥ふりかけの28gはそれなりの量なので、食べきるまで湿気てしまう。

おねげーしやす!

 

▼今回紹介した宮城県気仙沼市"大菊"の「炭火手焼き ふりかけ」のさらに詳しい情報&お取り寄せはこちら↓↓↓▼

 

▼首都圏お住まいの方へ▼

池袋にある宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」でも購入できますよ!!

余談ですがこちらのアンテナショップ1階は物産展、

2階にはなんと仙台名物の牛タンが食べれるお店もあります☆

休日のランチにいかがでしょうか! ワイも行きたい、食べたい!!

 

いかがでしたでしょうか?

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いいたします。

ほな、サイナラ♪

 

 

おすすめの記事