どうも~白米も雑穀米も大好き、おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)です。

 

・「特有の生臭さ」

・「酒飲み父さんのつまみ」

「塩辛」という食べ物に対して上記のようなイメージをお持ちの方多いのではないでしょうか。

確かに肝につけた塩辛は独特の風味が強くて好き嫌いが大きくわかれます。

しかし、肝を使わずに糀でつけた塩辛はとても食べやすい。そして今とても人気である。

新潟県三幸の「サーモン塩辛」

鳥取県中浦食品の「するめ糀漬」

これらのご飯のお供は塩辛ジャンルではあるが、肝ではなく糀に漬けているので幅広い世代に人気。とくにサーモン塩辛はテレビ番組のご飯のお供特集でよく紹介されています。

糀の塩辛は、どんがった塩辛さがなくカドのとれたまろやかな塩辛さ。それに糀の甘み。

今回紹介するいかの塩辛は肝で漬けた昔ながらの塩辛ではなく、糀で漬けた現代人向けの塩辛。  糀によって引き出された肉厚なイカの旨みをご堪能あれ!

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第915号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【糀だがら食べやすい】石川県"ジャパンコレクション"の「能登の逸品 いかの塩辛」です。

新鮮なイカの持ち味を活かしてり麹で漬け込んだ逸品

能登・輪島には「いかの塩辛」の味に自信を持った沢山の塩辛職人がいます。その無数にいる“いかの塩辛職人”から厳選に厳選を重ねた結果、この「いかの塩辛」の味は本当に最高です!新鮮ないか(イカ)の持ち味を活かし、じっくり麹(こうじ)で漬け込み、ゆずの香りも豊かな逸品です。

日本海の幸を素朴な能登の味で表現致しました。加賀・能登の郷土料理の特徴である糀、柚子を使い、塩分と臭みをおさえて多くの人に好んで頂ける味に工夫されています。賞味期限は1ヶ月と短いですが、化学調味料などを一切使わない安心・安全な「いかの塩辛」です。

原材料は…いか、米糀、柚子、食塩、日本酒、唐辛子です。

製造者 ジャパンコレクション
購入場所 信濃屋 北千住マルイ店
金額/内容量 972円(税込)/170g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント いいですね~、糀の甘みといかの旨みとまろやかな塩辛さ。

このいかの塩辛の一番の魅力はなんといっても肉厚さ!!

最後の画像のような大きいいかの切り身がたっぷり入っています。ここまで肉厚いの身が入っている塩辛はあまり記憶にありません。

文句なしに食べやすくて美味しいいかの塩辛いです。

▼今回紹介したジャパンコレクション「能登の逸品 いかの塩辛」のお取り寄せはこちら↓↓

 

▼糀漬おすすめNo,1はやっぱり「サーモン塩辛」

この記事を通じて"糀で漬けた塩辛"に興味を持たれた方へ、ぜひ一度サーモン塩辛を食べていただきたい。

塩辛へのイメージが180度ガラッと変わりますよ。 ご賞味ください。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。 ほな、サイナラ~♪

スポンサーリンク




おすすめの記事