独特な臭みがあり、好きか嫌いかはっきり分かれる珍味…「ホヤ」。
ホヤの食べ方はいろいろあるようですが、やはり「塩辛」や「刺身」といったところがスタンダードでしょうか。

本日のご飯のお供はそんな「ホヤ」を使ったピリ辛佃煮。
「塩辛」や「刺身」だと駄目な人は全くだめなんでしょうが、佃煮にすることによって食べやすくなっているのではないだろうか、と私は推測しております。

正直私も一部のホヤを除いて、生臭いホヤは苦手であります。
こんな私でも「美味しい!」と感じることができれば、今までホヤを敬遠していた人にとっては目から鱗の佃煮ではないでしょうか?

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第558号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【宮城県産】日本のご馳走えんの「ホヤのピリ辛佃煮」 です。
ホヤのピリ辛佃煮-1

新鮮なホヤの風味を活かしピリ辛に仕上げました。
ビールのお供に

 

ホヤのピリ辛佃煮-2
原材料は…
ほや(宮城県産)、砂糖、醤油(大豆・小麦を含む)、食塩、みりん、唐辛子、しょうが、醸造酢です。

 

ホヤのピリ辛佃煮-3

お見事な赤褐色に炊き上げられたホヤ。

80gで食べきりサイズがうれしい。 さすが東京丸の内という立地にあるお店だけありますね。
多忙なビジネスマンやビジネスウーマンが仕事帰りに買って帰り、晩御飯のあと一品やビールのおつまみに最適な量とお値段。

 

ホヤのピリ辛佃煮-4
それでは
本日は…【宮城県産】日本のご馳走えんの「ホヤのピリ辛佃煮」をご飯にのせて…いただきます!!

 

ホヤのピリ辛佃煮-5

 

製造者 株式会社ビー・ワイ・オー
購入場所 日本のご馳走えん 新丸ビル店
金額/内容量 500円(税抜)/80g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 過去の食べたことのある塩辛のようにシコシコしていて弾力のある歯ごたえかと思っていたのですが、全然違いました。
柔らかい。そして独特の臭みも消えていて食べやすい。
味・食感ともにイメージとしては「ホタテの佃煮」に近いかと思います。舌に残る唐辛子のほどよい辛さのせいで、ご飯やビールが止まらなくなります。美味い!

▼今回紹介した日本のご馳走えんの「ホヤのピリ辛佃煮」のお取り寄せはこちら↓↓

 

▼ほかにも日本のご馳走"えん"オリジナルのご飯に合うおかずがたくさん!!
えん 丸の内

「ホヤのピリ辛佃煮」以外にも「さんまのとろ煮」「サバのとろ煮」「たらこ昆布煮」など、ご飯が進むようなおかず商品がたくさんあります。

居酒屋、だし茶漬け専門店やおぼんdeごはん など、「和」の食を幅広く展開・提供している会社のオリジナル商品ですので、味や価格に対する信頼感・満足感は間違いないかと思います。

ぜひ、みなさまも一度ご利用くださいませ。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪

 

 

おすすめの記事