toggle
2017-02-26

ぬか漬け漬けました 〜きゅうり〜

先日声高らかに宣言しました、長船ぬか漬始めるってよ  (ぬか漬企画スタートします。)

月間15,000人ほどの方に読まれているブログで宣言したわけですから、しっかり続けていきそれなりのコンテンツに育てていきたいと思っております。

自身人生初のぬか漬、、、初めてのお相手探しに慎重になります。



1発目はぬか漬の定番中のド定番…「きゅうり」を漬けてみました!

お世辞にも美味しそうとは思えない胡瓜でしょう。 それもそのはず。ぬか漬用に購入したものではなく、その存在を忘れられ冷蔵庫の片隅に眠っていた胡瓜です。 しかしそんな胡瓜もぬか床の発酵パワーによって立派なぬか漬きゅうりになってくれることでしょう。

==

●漬ける前に準備を…


とりあえず初めてのぬか漬ということで、1回目から美味しいぬか漬ができる「漬けもの屋のぬか床」をお取り寄せしました。


ぬか床も大事ですがぬか床同等、、、いやそれ以上に大事なのが「塩」ではないでしょうか。 ぬか漬けに使う塩は”精製塩”ではなく、”あら塩・自然塩”がよいと漬物の本に書いてありました。

が、、、、

私が選んだ塩は、ぬか漬の師匠というべき存在である千駄木のお漬物屋「やなぎに桜」の店主が使っている「藻塩」を使用することにしました。
尖った塩辛さではなく、まろやさが特徴の塩です。  余談ですが、天ぷらにこの藻塩をつけて食べるもの美味しいですよ♪

 

漬込時間/保存方法 36時間/常温
評価   

ぬか漬けの評価はわかりやすいように「白ご飯との相性」「味」そして「彩り・香り」の3つのポイントで紹介します。 初回ということでまぁ〜こんな感じでしょう。

一言コメント  手前みそならぬ手間ぬかですが、これは美味しかった! ただぬか床に漬けるだけでこんなに美味しいお漬物を漬けることができるんですね。 ぬか床パワーあっぱれ!hg

ほどよい乳酸菌発酵の酸味。 少し塩を多くぬりこみ過ぎたのか…若干塩辛く感じましたがそれで口あたりのよりまろやかな塩辛さ。 醤油をかけなくてもそのままご飯のお供に。

初めてでこれだけのぬか漬ができれば上々のスタートです。

お漬物って手間や時間がかかるものだと思っていたのですが、こんなに簡単に美味しいものができあがるのですね!

たぶん、今回使ったぬか床がよいというのもあるのでしょうね。 ぬか床の芳醇な香りがそのままきゅうりに染み込んでいました。

関連記事