マグロポキ丼

ご飯のお供の魅力を伝えるブログ、おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

 

突然ですがおかわりJAPANの新企画

<ご飯のお供を使った簡単アレンジレシピ>

がスタートします!!

 

スーパーやコンビニで購入したご飯のお供(海苔の佃煮やふりかけ)、1口2口は美味しく食べれたが全部は食べ切れずに冷蔵庫の奥に眠っていた!

このような経験、みなさま身に覚えがあるんじゃないですか?

白ごはん以外にもご飯のお供の有効活用方法教えてください。

この手の質問よく聞かれるのですが、私はごはんのお供は大好きでも料理はあまり得意ではないのでお断りしておりました。

しかし、「ご飯のお供の魅力を伝えるブログ」としてこのままでは物足りなさを感じていたので、今年からおかわりJAPANに新メンバーを加えて<ご飯のお供を使った簡単アレンジレシピ>をご紹介いたします。

(新メンバーの詳細についてはブログの最後で。)

記念すべき第1回目のアレンジレシピは2010年代食品業界に旋風を巻き起こし、ご飯のお供業界をけん引してきた

桃屋の食べるラー油(正式商品名:辛そうで辛くない少し辛いラー油)

 

を使ってマグロのポキ丼を作ります!!



食べるラー油のマグロポキ丼 材料(1人前)
・ラー油…15g
・みりん…小さじ1
・醤油…大さじ1
・白ごま 少々
・マグロ(小口切り)…50g
・かいわれ大根…3g
・アボカド…4分の1

<1>お皿にマグロをいれて、醤油、みりん、食べるラー油、白ごまを入れる。 そして5分ほど時間を置きます。


<2>5分たったらアボカドを入れて混ぜる。

白い御飯に盛って、カイワレ大根を添えたら完成!! 本当に簡単。

▼感想

わーーーお!簡単に作れて、そして美味い。特に難しい作業はなし。余った食べるラー油と家庭にある調味料を加えるだけでこんな美味しいポキ丼ができるんやなぁ! 特に食感がいいね。食べるラー油に入っているフライドガーリックとフライドオニオンのさくさく食感がリズミカル! ちょっとした工夫でいろなんな楽しみ方ができる…やっぱりごはんのお供って最高やな♪

 

▼私が作りました。おかわりJAPAN新メンバー(作る担当):桑折和希

桑折和樹
若干25歳の若き料理人。

22才から料理の道へ。赤坂の料亭で3年修行を積み、2018年12月に独立。今は美食処「琳(RIN)」の店主。」
長船が持つご飯のお供への想い・可能性に共感し、2019年1月におかわりJAPANに加入。
家庭でできる簡単ご飯のお供レシピやご飯のお供を使ったアレンジレシピなどをお伝えします。

【店舗情報】
店名:琳(RIN)
営業時間:昼11時半〜15時 夜17時〜24時
TEL:03-6284-2689
住所:東京都台東区上野2-1-5

================================

以上、<ご飯のお供を使った簡単アレンジレシピ>でした~。

今までのようなご当地のご飯のお供のご紹介にプラスオンでご飯のお供レシピを紹介していきます。

さらに手順をよりわかりやすくお伝えするためにレシピ動画も準備しております。お楽しみ。

それでは新メンバーを加えて2人になったおかわりJAPANをこれからもよろしくお願いします。

【2019年1月28日追記】レシピ動画アップしました↓

 

スポンサーリンク




おすすめの記事