どうも~、日本各地の美味しいご飯のお供の伝道師おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)です。

首都圏では外出自粛が出され、なかなか"春"を楽しむことができません。

ただこの事態が沈静化するまで一人ひとり我慢が必要。

ただ、我慢・我慢がっかりではストレスが溜まりますよね。

そんなときこそお取り寄せグルメ!!

美味しいグルメをお取り寄せして、おなかいっぱい食べて気分転換しませんか?

本日は春の味覚「ほたるいか」のご飯のお供を紹介します。

==
本日紹介する通産第958号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【北陸に春を告げる】富山県"源"の「ほたるいかうま煮」 です。

ほたるいかうま煮

北陸の春に産卵のために浮上した、ふっくらとした姿のほたるいかを、漁獲後にすぐに釜揚げし、素材の美味しさを閉じこめました。

煮込み程に旨味を増し、鮮明な色つや、風味・肉質のよさが引き立ちます。

ほたるいかうま煮

原材料は…ほたるいか(国産)、砂糖、醤油、七味、蜂蜜、酒、味醂、(一部に小麦・大豆・いか・ごまを含む)です。

ほたるいかうま煮

 

ほたるいかうま煮

 

ほたるいかうま煮

製造者 株式会社源
購入場所 いただきもの
金額/内容量 800円(税込)/150g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント ホタルイカといえば沖漬が人気ですが、うま煮もご飯のお供として最高。
フレッシュな沖漬と違い、うま煮の魅力はずばり「凝縮した旨み」。砂糖、醤油、七味、はちみつ、酒、みりんと、シンプルな調味料のみで炊き上げられた源のうま煮。ごまかしのない濃厚な甘辛さにじわじわ湧き上がる美味しさ。
冷めたままの「ホタルイカの旨味」を熱々のごはんにのせ、ほろほろご飯になじませて召し上がりください。ちびちびお酒の肴にもぴったりです。

▼今回紹介した 富山県"源"の「ほたるいかうま煮」のお取り寄せはこちら↓↓

ご飯をポジティブに食べられる雑穀米

雑穀米近年、糖質制限ブームなどもありご飯=太るというイメージをお持ちの方も増えてきました。しかし、雑穀ご飯はとてもパワーがあり栄養価も高く美味しい食べ物です。ご飯を食べることにマイナスイメージをお持ちの方はぜひ雑穀ご飯にして、美しい見た目と味、食感を楽しみ、雑穀の持つ機能性で体の中から元気に美しくなってみてはいかがでしょうか。

赤米、黒米、丸麦、もち麦、押麦、あわ、きび、の7種類の雑穀米をブレンド。おかわりJAPANプロデュースの雑穀米「ごはんがおいしい雑穀米」。1,000円/300g(税込・送料込)

おすすめの記事