私「お、美味しそうなあさりの佃煮が売ってるんやんか〜。」

大将「にいちゃい、ちょと試食しーや、赤貝の佃煮

私がパッと見て、美味しそうやな〜と思った佃煮はあさりではなく赤貝でした。
あさりやはまぐり、ホタテの佃煮はよくありますが、赤貝の佃煮は初めて。

私、無類の貝類好きですから〜これは楽しみ♪ それじゃ〜いつものようにいきますか!!

==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第551号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【あさりじゃないよ、赤貝だよ】香川県小豆島"丸虎"の「赤貝の佃煮」 です。
赤貝の佃煮-1

佐賀県有明海産の赤貝を小豆島の製法で炊き上げた赤貝の佃煮です。

 

赤貝の佃煮-
それでは本日は…
【あさりじゃないよ、赤貝だよ】香川県小豆島"丸虎"の「赤貝の佃煮」をご飯にのせて…「いただきます!!」

赤貝の佃煮-3
みなさまは「醤油の三大名産地」ってご存知ですか??
1つが千葉県…少し前に紹介した千葉県の「さんま黒胡椒」を紹介したときに、千葉県が醤油の生産量日本一ですよ〜って説明したばかり。
醤油の大手メーカーであるキッコーマンやヤマサが本社置くのも千葉県です。

2つが…兵庫県。薄口醤油が盛んに作られているようです。

そして3つ目が…香川県の小豆島だそうです。

美味しい佃煮には、美味しい醤油が不可欠です。逆を言えば醤油が美味しければその佃煮は美味しい!!(持論)
千葉県の醤油を使った佃煮「さんま黒胡椒」とはまた違った、郷愁のある佃煮を期待しております。

 

赤貝の佃煮-4

 

赤貝の佃煮-5

 

製造者?? 丸虎食品工業
購入場所 大丸東京店 地下食品売り場イベントスペース
金額/内容量 600円(税抜)/100g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント プリっとした赤貝を噛みしめれば…口の中いっぱいに赤貝のうま味と醤油の香ばしいかおりと甘みが広がります。

生姜も甘くておいしい。

関東の佃煮とは違った、西日本らしい甘口の佃煮。

美味しいからって調子のって食べすぎるとすごく喉が渇きます。w

▼今回紹介した香川県小豆島 丸虎の「赤貝の佃煮」をお取り寄せできるオンラインショップを見つけることができませんでした。
IMGP4722-6

たまに都内のデパートで催事をやっているようです。(確かに1か月くらい前に上野の松坂屋で催事やっているのも見ました。)
ですので、デパートの催事場やイベントスペースでこの暖簾を見かけたら、その時にご利用ください。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪

 

 

ご飯のお供選びに絶望したら…

「1口・2口は美味しかったけれども、結局すべて食べ切れずに捨ててしまった…。」
これ、ご飯のお供あるあるですよね。
私自身も何度も経験しています。 もったいないとわかっていても食べきれない。
味が濃いめに作られているご飯のお供は、味の趣向が合わなければ食べきるのに苦労します。

1,500種類以上のご飯のお供を食べ、「ヒルナンデス」「ポップUP!」「めざましテレビ」など、数々のテレビ番組でご飯のお供専門家として出演するおかわりJAPANがセレクトしたご飯のお供を取り扱うECサイト。  

さまざまな種類のご飯のお供を食べ、いろんな人に紹介してきたからこそわかる「絶対に外さないご飯のお供」。 ご飯のお供を通じて、家族みんなを笑顔にするご飯のお供の専門店です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事