2017年8月29日火曜日 日本テレビのヒルナンデスに出演した おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)  です。

 

ヒルナンデスでは今話題のお漬物と佃煮を紹介させていただきました。

お漬物といえば、、、やはり京都。京都には三大京漬物と呼ばれているお漬物があります。千枚漬・しば漬・そしてすぐきの3つ。  過去の食べたものを振り返ると、千枚漬やしば漬は定期的に食べているがすぐき漬はあまり食べていない。さらに本格的なすぐき漬となると実は食べたことがない、ということに気がついた。

ということで、手っ取り早くすぐき漬を食べたいなぁ〜と思い銀座の三越へ。そこで見つけたのがこの"すぐきや六郎兵衛"の「切すぐき」。





==
本日紹介するおかわりJAPAN 通産第751号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【酸味がたまらなく美味い!】京都名産"すぐきや六郎兵衛"の「切すぐき」 です。
すぐき漬け-1

すぐきは上賀茂で古くから伝統を受け継いで作られる京漬物です。

漬け上がったすぐきの葉と茎を別々に切り分けてありますので手間いらずでご賞味いただけます。
丸ごとのすぐきは必要ないという方には、お勧めの商品になっております。

すぐき漬け-2

原材料は…すぐき、漬け原材料[食塩、醤油、みりん]、調味料(アミノ酸等)、です。

 

すぐき漬け-3

カットされています。 茎と葉の2通りの楽しみがある。

おかわりJAPANでは土井志ば漬本舗の「すぐききざみ」やもりの「味すぐき」を紹介したことがありますが、両方とも本格派というよりも土産用なので食べやすように調味されています。

その点このすぐき漬は"本格派のすぐき漬"、だと思われる。

 

すぐき漬け-4

 

製造者 株式会社すぐきや六郎兵衛
購入場所 銀座三越 地下食品売り場
金額/内容量 650円(税抜)/130g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント まずは 乳白色の茎! さすが本格派のすぐき漬、、、酸味がかなり効いている。もちろん乳酸醗酵の酸味。 ご飯に合うというよりもそのまま食べてしみじみ酸味を味わっていただきたい。

ご飯に合うのは葉のほう。 ほどよい塩けと酸味でご飯によく合う。

茎と葉、一度で2種類の味・食感を楽しめるお漬物。  京漬物の本格派の味をお楽しみいただけます。

▼今回紹介した 京都名産"すぐきや六郎兵衛"の「切すぐき」のお取り寄せはこちら↓↓↓
すぐきや六郎兵衛 オンラインショップ

 

▼京都観光、世界文化遺産の上賀茂神社に行かれた際はお土産にすぐき漬。


"すぐきや六郎兵衛"は上賀茂神社の境内に店舗があるようです。 すぐき菜発祥の地である上賀茂神社のお土産としてこれ以上のお土産はないでしょう。

==

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。
ほな、サイナラ〜♪

 

スポンサーリンク




京都府の関連記事
  • たくあん入り鰹梅-0
    京都のだし専門店"うね乃"の「たくあん入り鰹梅」
  • 【少し辛口で本物志向のおかず味噌】京都"本田味噌本店"の「あて味そ ちりめん味噌」
  • すぐき漬け-3
    【酸味がたまらなく美味い!】京都名産"すぐきや六郎兵衛"の「切すぐき」
  • だしオリーブ-1
    【京都土産の新定番…!?】京都"京つけもの もり"の「だしおりーぶ」
  • 岸壁たまり漬4
    <醤油好きな人は必食>京都あっさり漬の「岸壁たまり漬」
  • 一菜の素 ご飯にのせて3
    【京都の漬物屋が作った食べるラー油】 "あっさり漬"の「一菜の素」
おすすめの記事