ご飯のお供

日本各地のご飯のお供情報を発信している東京在住のおかわりJAPANです!!

私はスーパーマーケットで売られているナショナルブランドのご飯のお供よりも、ご当地色の強いご飯のお供が好きで、47都道府県すべての地域のご飯のお供を食べたことがあります。

その中で最も多くの種類を食べた地域……それは東京です。 ダントツの一番。

しかし東京のご飯のお供と聞いても、「これだ!!」とイメージが浮かぶ人は少ないでしょう。福岡県だったら明太子や高菜漬、京都なら漬物やちりめん山椒、北海道ならいかの塩辛やサーモンなどの魚介系など、すぐに候補がでてきます。

いやいや、東京発の美味しいご飯のお供もたくさんあるんです。 政治・経済・高層ビル・最先端ファッションだけが東京じゃない!!Made in Tokyoのご飯のお供を紹介します。

 

1. 浅草今半「牛肉すきやき」

今半牛すきやき

明治時代、牛肉を食べる食文化が一般化しつつあったころ、初代の高岡伴太郎氏が牛鍋屋を開店。その味を「家庭に持ち帰りたい」の声に3代目が応えて開発された「牛すきやきつくだ煮」。

江戸っ子に愛され続ける味は東京を代表するご飯のお供。やわらい牛肉に絶妙な甘さでご飯が進む。東京駅の大丸にもお店があるので東京土産に最適。 

製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【浅草今半

2. 新橋 玉木屋「世界のふりかけ」

世界のふりかけシリーズ-ベーコンエッグ
イタリアントマト
200年以上の歴史を持つ佃煮屋「新橋 玉木屋」。そんな老舗佃煮屋が作る新感覚ふりかけ。
イタリアントマト、トムヤムクン、ベーコンエッグ、グリーンカレー、マハラジャカレー、ホットサルサ、四川風 麻婆豆腐、中華風 搾菜など種類が豊富。 おかかふりかけのような「The・日本」のふりかけとはテイストが異なる。 彩りも豊かで贈り物にばっちり。
イタリアントマト味は雑誌「ブルータス」のご飯のお供特集ふりかけ部門でグランプリを受賞したことがあります。舌の肥えた著名人が絶賛したふりかけ。 東京を代表する佃煮屋が作った創作ふりかけ。ぜひご賞味ください。 さらに詳しくは↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【新橋 玉木屋

3. 海老屋總本舗「若煮たらこ」

若煮たらこ
若煮たらこ
こちらも創業100年を超える伝統ある佃煮屋。江戸前らしくない甘い佃煮。
魚卵の旨みがぎっしり。何よりもたらこの旨みが溢れでた甘ダレがなんとも美味!! 甘ダレをスプーンですくってご飯のかけるだけでご飯の何杯でも食べれる。
日本テレビ「ヒルナンデス」や「PON」といった人気情報番組で紹介された実績もあり。 江戸前佃煮ですが西日本の方にも受け入れられるだろう甘い佃煮です。 関西人向けの東京土産に。 さらに詳しくは↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【海老屋總本舗

4.遠忠食品「江戸前生のり佃煮」

江戸前生のり佃煮-5
江戸前生のり佃煮-8
日本橋の佃煮屋。 ここの佃煮の特徴は無添加。 アミノ酸などの化学調味料も使用せず、原材料も国産素材にこだわり。
肉厚で弾力のあるのり佃煮。 江戸前の佃煮らしく甘みは控えめ。海苔の旨みがダイレクトに伝わってきます。
また1瓶40g入りと単身者に嬉しいサイズ。 ほら、瓶詰めのご飯のお供って食べきれずに冷蔵庫に残ってしまうことがよくあるでしょう。
その点は心配はいらない。「いろんな種類をちょっとずつ」そして「安心な食べ物」といった現代の消費者目線で商品開発を行っている信頼できるメーカーです。 さらに詳しくは↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【遠忠食品

5.筑定「五輪煮」

筑定五輪煮-2
筑定五輪煮-4

深川不動尊・富岡八幡宮・永代寺の門前町として江戸時代から栄え、今でも江戸の文化や歴史に触れることができる"門前仲町"にある佃煮屋「筑定」。 佃煮が入った大皿が並んでいる店頭。お店に一歩足を踏み入れると昭和時代にタイムスリップした気分になれます。

あさり・たらこなどの定番佃煮もいいけど、筑定といえば「五輪煮」。あさり・昆布・人参・筍・牛蒡・椎茸・生姜の7種類の具材。
かなり濃い味だが、ご飯のお供として食べるなら最高の濃さ!! さらに詳しくは↓

製造元・販売元・お取り寄せは……見つかりませんでした。

6.錦松梅

錦松梅-1
錦松梅-4
高級ふりかけの代名詞「錦松梅」。鰹節をはじめ、白ごま・椎茸・きくらげ・松の実を甘辛く炊き上げたおかかふりかけの最高峰。
主要都市の百貨店でも購入可能なので敢えて東京で購入する必要はありませんが…東京を代表するご飯のお供であることは間違いなし。

7.新高屋「べったら漬」

べったら漬け-1
べったら漬け-5
京都には千枚漬・しば漬・すぐき漬といった名物漬物がある。では東京は?…べったら漬けがある!!
べったら漬とは大根を米麹と砂糖で漬けた甘いお漬物。 東京新高屋は創業して80年以上、宮内庁御用達の名店です。
毎年10月19日と20日、東京日本橋にある宝田恵比寿神社を中心にべったら市が開かれます。べったら漬の売り場がずらりと並ぶその光景は見応え十分です。 さらに詳しい情報はこちら↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【東京新高屋

8.小松屋「かつお小町」

小松屋かつお小町-7
小松屋かつお小町-4
オタクの聖地と呼ばれる秋葉原から総武線で1駅、浅草橋駅から徒歩5分ほどの神田川沿い「柳ばし 小松屋」があります。昔は花街として賑わった東京柳ばし。 その地で本場江戸前の味を4代にわたり守り続ける佃煮屋。 観光客の方はもちろんですが、首都圏在住の方にも食べてもらいたい江戸前の佃煮。 東京以外では味わえないのではないだろうか、この味。 本物の東京土産。
(※このかつお小松は甘くて食べやすい。) さらに詳しい情報はこちら↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【東京柳ばし 小松屋

9.東京藤ト「シーフードちりめん」

シーフードカレーちりめん-1
シーフードカレーちりめん4
関東ベスト3…いや、日本でも3本の指に入るソフトふりかけやと思っています。
問答無用でご飯に合うカレー風味のシーフードふりかけですよ? 絶対ご飯が進むのは間違いないです。そして混ぜるだけドライカレーが作れる。 残念なことに東京にお店があるわけではない。 メインの販売チャンネルはデパート催事。なので東京土産としてはちょっと厳しいですが、おとりよせグルメとしてはいけます。 さらに詳しい情報は↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【東京藤ト

10.鮮魚専門のスーパーマーケット吉池「紅鮭フレーク」

吉池紅鮭フレーク-1
吉池紅鮭フレーク-4
東京御徒町にあるプロも通う鮮魚の専門スーパーマーケット「吉池」。
鮭の本場北海道別海町にある自社工場で新鮮なうちに加工。
マツコの知らない世界で紹介されて、あのマツコさんも絶賛していた「紅鮭フレーク」。
こちらは生鮮品なので手土産には向いていません。 上野に観光で行く予定があればついでにいかがでしょう。
さらに詳しくはこちら↓
製造元・販売元・お取り寄せはこちら→【吉池
==
以上、【東京土産にも使える】東京のご飯のお供 10選 でした。
ここで紹介できた東京のご飯のお供はほんの一部。。。。
そうだ!!東京オリンピックを機に、東京のご飯のお供にスポットライトを当ててみませんか?小池都知事。
こういうのも作ってまっせ↓↓ Find my Tokyo

スポンサーリンク




おすすめの記事