ご飯のお供が生きる活力!!どうも~おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

鮭とご飯、美味しいですよ~。

小さいころから鮭が大好きで、

大人になっておかわりJAPANをスタートしてからも鮭系ご飯のお供は常に追いかけていたり、とにかく鮭が好き。

加島屋の鮭茶漬けは鮭ほぐし身の中で最高峰ですし、

三幸のサーモン塩辛はとろけるような鮭の旨味がたまないし、

佐藤水産の鮭ルイベ漬はお土産としても大人気やし、

くにをの鮭キムチは斬新でテレビで紹介され大ヒットするし、

まぁ~とにかく鮭を使ったご飯のお供は美味しいものばかり。

鮭を使ったご飯のお供は新潟県や北海道のものが目立つんですよね。

しかし、つい先日訪れた岐阜県恵那市にある恵那銀の森。

鮭とは関係なさそうな自然豊かな山のふもとで出会った

絶品の鮭ほぐし身

が絶品だったので本日紹介します。

新潟県や北海道の鮭系お供に負けない美味しいご飯のお供です。 鮭好き必見です!!

==
本日紹介する通産第938号目のご飯のお供はこちら↓↓↓
【ご飯のお供専門店の鮭フレーク】岐阜県恵那銀の森 竃(おくど)の「鮭ほぐし身」 です。
鮭ほぐし身-1

脂の乗った鮭の身を使用。手作業で丁寧にほぐしました。ご飯のお供やおにぎり、お茶漬け、チャーハンに。

鮭ほぐし身-2

原材料は…サーモントラウト、清酒、しょうゆ、食塩、グリシン、酢酸Na、保存料(しらこたん白)、(原材料の一部に小麦、さけを含む)です。

この鮭ほぐし身の美味しい理由は上記の原材料の中にヒントが隠れています! 太文字になっているので気がつきましたか?

そうです~美味しい理由は「清酒」になります。

鮭ほぐし身-3

この鮭ほぐし身を製造している恵那銀の森 竃(おくど)の店長に製法のこだわりを聞いたのですが、

「まずは大きな鍋に鮭といっぱいの酒を入れて酒がとぶまででじっくり煮込む。」とのこと。

ちょうど2019/9/28に私がヤフークリーターズプログラムにアップした

プロ直伝!ワンランク上の焼き鮭で、

「鮭を芋焼酎に漬け込んでから焼くと香りがアップして旨みが増す」ということを紹介したのですが、

いや~まさに同じで!!

「鮭」と「酒」ってめっちゃ相性いいんですね。 ほんとに。

鮭ほぐし身-5

 

鮭ほぐし身-6

製造者 ㈱銀の森コーポレーション
購入場所 恵那銀の森
金額/内容量 720円(税抜)/80g
評価(5☆満点) ☆☆☆☆☆ (あくまで個人的な評価です)
一言コメント 香り高い鮭のほぐし身。 雑味のないシンプルならがら旨みが強いしっとり系の鮭ほぐし身。

もともとは料理人だった恵那銀の森 竃(おくど)の店長が作る自信の逸品。

鮭好きならば、いやご飯のお供好きならば一度食べるべし!!

 

▼今回紹介した 恵那銀の森 竃(おくど)の「鮭ほぐし身」のお取り寄せはこちら↓

ここでちょっとPRさせていただきます!!
鮭ほぐし身の土台になっているご飯、ちょっと色ついているでしょう、ほんのり桜色。
このご飯はおかわりJAPANが販売しているごはんがおいしい雑穀米という雑穀米です。
美味しいご飯のお供とご飯を食べつつも健康にも意識してほしい、という想い込めて作りました。
2019年11月30日まで、お試し100円クーポン配布中です。
ぜひ一度ご賞味ください。
▼恵那銀の森 竃(おくど)について
恵那銀の森
最後に恵那銀の森 竃(おくど)のこともちょこっと紹介しておきます。
名古屋市内から車で一時間半ほど、自然豊かな岐阜県恵那市にある食のテーマパーク「恵那銀の森」です。
ピザが食べられるカフェだったり、本格懐石料理を提供している料亭だったり「恵那銀の森」の中に美味しい料理を提供してくれるお店があります。
その中に一つに「竃(おくど)」があります。 お店のテーマはずばり「ご飯のお供と出汁」!!
まさに私のために作られたかのようなお店。
店内にはご飯のお供商品やダシ商品がたくさん。 これはご飯いくら炊いても足りまへんで。
椎茸昆布の佃煮も美味しいかったで~!
ご飯のお供ファンのみならず、美味しいものに目がない人はぜひ訪れてほしい「恵那銀の森」。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします☆
ほな、サイナラ~♪

スポンサーリンク




おすすめの記事