ご飯にのせるだけじゃもったいない!

ご飯のお供の研究所、おかわりJAPAN(@OKAWARIJAPAN)の長船です。

日頃ごはんのお供をあまり食べない人にもご飯のお供に興味をもってもらいたいと始めた企画、

ご飯のお供を使ったアレンジレシピ

のコーナーです。

今回は2010年代に大ヒットした「辛そうで辛くない少し辛いラー油(通称:食べるラー油)」を使った簡単アレンジレシピをご紹介します。

・毎日毎日作り続けて、献立のレパートリーがワンパターンになってきた。

・家事と仕事両立で忙しい。簡単に作れるレシピはないかしら?

という方におすすめのレシピです。

それではおかわりJAPANの作る担当桑折君、今回もよろしく!!(彼が運営しているお店のホームページができました 美酒処琳




▼【茹でる、和える、以上】食べるラー油を使った「もやしナムル」の作り方


【材料(1人前)】
・もやし…3分1 袋
・桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油…25g

 


<1>:もやしを茹でます。

 


<2>:水気をきりボールへ。 そこに食べるラー油をいれる。

 


<3>:混ぜて完成!!!!!

お好みで刻みのりや炒りごまをふりかけてください。見栄えや風味がグレードアップします。

 

あれ!もう完成?めっちゃ簡単やん! 辛そうで辛くないピリ辛もやしナムル。

そしてこれ1人前100円くらいでできるやない?
もやしって1袋40円くらいでしょう。
辛そうで辛くない少し辛いラー油は110g入りで約400円。

美味しくコスパもよい。やっぱりごはんのお供ってサイコーやな。

▼【2月20日追記】 レシピ動画アップしました~!

==

▼桃屋だけじゃない!!日本各地の美味しい食べるラー油まとめ↓

おそらく、今回紹介した「もやしナムル」も、ご当地食べるラー油を使えば個性がでて、魅力のある逸品になるであろう。
いろいろお試しください。

それではこれからもおかわりJAPANをよろしくお願いします。ほな、サイナラ~♪

 

家族のためにベストなご飯のお供を!

「1口・2口は美味しかったけれども、結局すべて食べ切れずに捨ててしまった…。」
これ、ご飯のお供あるあるですよね。
私自身も何度も経験しています。 もったいないとわかっていても食べきれない。
味が濃いめに作られているご飯のお供は、味の趣向が合わなければ食べきるのに苦労します。

1,500種類以上のご飯のお供を食べ、「ヒルナンデス」「ポップUP!」「めざましテレビ」など、数々のテレビ番組でご飯のお供専門家として出演するおかわりJAPANがセレクトしたご飯のお供を取り扱うECサイト。  

さまざまな種類のご飯のお供を食べ、いろんな人に紹介してきたからこそわかる「絶対に外さないご飯のお供」。 ご飯のお供を通じて、家族みんなを笑顔にするご飯のお供の専門店です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事